石の綿―終わらないアスベスト禍 (改訂新版)

個数:

石の綿―終わらないアスベスト禍 (改訂新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月23日 20時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909364036
  • NDC分類 519.3
  • Cコード C0036

内容説明

アスベストは、いま!?アスベスト公害の深層を活写し、問題解決に向けてその現状を点描する。

目次

第1部 終わらないアスベスト禍(洗濯曝露;クボタ・ショック;泉南―国賠訴訟の原点;震災とアスベスト;アスベスト・ポリティクス;エタニット―史上最大のアスベスト訴訟)
第2部 現状を点描する―問題解決のために(アスベストによる健康被害の状況―世界と日本;医療関係―胸膜中皮腫の治療法と薬剤;関連法規から;アスベストによる健康被害に関する訴訟・補償;行政によるアスベストリスク対策の課題;新たなネットワークの立ち上げ;世界のアスベスト事情―アジア地域における白石綿の使用禁止を焦点に;リスク・コミュニケーション―アスベストの飛散事故と暴露を防ぐ)

著者等紹介

松田毅[マツダツヨシ]
神戸大学大学院人文学研究科教授。哲学専攻。『ライプニッツの認識論』(創文社、2003年)、『哲学の歴史』第5巻(共著、中央公論新社、2007年)などの著書がある

竹宮惠子[タケミヤケイコ]
京都精華大学大学院マンガ研究科教授。マンガ専攻。1971年から2000年まではプロの漫画家として多数の著作を発表。代表作に『風と木の詩』『地球へ…』など。2000年からは学術研究としてのマンガを模索。原画アーカイブの一方策として『原画’(ダッシュ)』を研究。学術の分野にマンガを役立てるための『機能マンガ』研究などを推進(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。