芸者衆に花束を。―八王子花柳界、復活

個数:

芸者衆に花束を。―八王子花柳界、復活

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年11月14日 06時22分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909208002
  • NDC分類 384.9
  • Cコード C0095

内容説明

この花街が初めて本になった。八王子の“事件”です!10年取材、結実のドキュメント。

目次

1章 見つかった居場所(それは、一枚のポスターから始まった;花柳界のために、花柳界に反逆する ほか)
2章 過去からの贈りもの(地元応援団発足。会員のメリットは、ない;水槽の金魚たち、大海に放たれる! ほか)
3章 地元を慕い慕われて(八王子市というより“八王子県”か?;「八王子まつり」、思い出のにわか山車 ほか)
4章 広がる縁と可能性(津波が奪っていったもの、運んできたもの;女学生から芸者へ。十四歳の悲壮感 ほか)
5章 未来の花街に花束を(黒塀、柳、人力車。風情が戻ってきた;精進の世界に生きる僧侶と芸者衆 ほか)

著者等紹介

浅原須美[アサハラスミ]
東京生まれ。横浜市立大学卒業。出版社勤務後、フリーランスで執筆・編集業務に携わる。平成6年頃から花柳界に興味を持ち、以来、全国約50か所の花街を訪れて芸者衆を取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。