自由社ブックレット<br> 通州の奇跡―凶弾の中を生き抜いた母と娘

個数:

自由社ブックレット
通州の奇跡―凶弾の中を生き抜いた母と娘

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 106p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908979019
  • NDC分類 916
  • Cコード C0021

内容説明

日本人居留民を守るべき支那の保安隊が、突然牙をむいて、民間人ら二百数十人を虐殺した「通州事件」―妊娠六ケ月の母の胎内で事件に遭遇し、奇跡的に生まれた娘と、生き抜いた母による「遭難記」。

目次

第1部 事件以来80年、母と娘が生きた戦後―加納満智子さんに聞く(妊娠6カ月、背中から撃たれた母;お腹の赤ちゃんに当らなかった凶弾;かわいそうだった叔母の最期 ほか)
第2部 通州事件遭難記(無〓會『通州事件の回想』より再録)(浜口茂子)(短かかった通州生活;七月二十八日のできごと;長恨、無念の七月二十九日 ほか)
第3部 満洲棉花協会と通州事件(皿木喜久)(棉花増産をめざした協会;中国農民たちに感謝された棉作指導;「盧溝橋」以降も平和だった城内 ほか)

著者等紹介

皿木喜久[サラキヨシヒサ]
昭和22年鹿児島県生まれ。46年京都大文学部卒、産経新聞社入社。政治部次長、論説委員長などを経て平成27年退社、現在産経新聞客員論説委員、新しい歴史教科書をつくる会副会長、通州事件アーカイブス設立基金副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。