奈良には歌があふれてる おさんぽ万葉集―平城 春日 葛城 山辺の道 泊瀬 忍阪 飛鳥

個数:
  • ポイントキャンペーン

奈良には歌があふれてる おさんぽ万葉集―平城 春日 葛城 山辺の道 泊瀬 忍阪 飛鳥

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月17日 05時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784908443169
  • NDC分類 911.125
  • Cコード C0095

内容説明

万葉歌と一緒に歩くと、遙かな古代が目の前にひろがってくる。村田せんせいが案内する奈良は、一味違う。マジメな話から、ちょっとコミカルなエピソード、そして古代人に思いを馳せる心情まで。読んで楽しく、歩いて納得、万葉好きにもおさんぽ好きにも持っておいてほしい一冊です。

目次

1 宮と京を経て、異境の入り口・奈良山まで―平城
2 高円、若草山…高みから一望し、また野遊びもする―春日
3 古えにつづく道をひたすら登り、ひたすら降る―葛城
4 今日はどのルート?何度歩いても楽しみがある―山辺の道
5 積み重なる時間を歩き、「泊瀬の桧原」を思う―泊瀬
6 万葉の気配ただよう、静かなる伝承の地―忍阪
7 ゆったり、のんびり想像力をたずさえて―飛鳥
8 自転車での欲張りコースでも眼差しはおだやかに―飛鳥(自転車)

著者紹介

村田右富実[ムラタミギフミ]
1962年、北海道生まれ。関西大学教授。上代日本文学専攻。博士(文学)。上代文学、とりわけ『万葉集』を中心として、和歌の成立などを研究テーマとする。主著『柿本人麻呂と和歌史』(和泉書院、上代文学会賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

奈良の平城、春日、葛城、山辺の道、泊瀬、忍阪、飛鳥エリアでよまれた歌と道と歴史をめぐる本。名所旧跡という「点」のみを辿るのではなく、本書ではそこに到るまでの道中にも注目しています。奈良のあちこちを歩いている、万葉研究者の村田教授が、道すがらの楽しさを万葉歌を混ぜ込みながら書き綴っているので、読み応え抜群です。実際に歩いていただくのはもちろんですが、奈良に行くのが難しい方、万葉集に明るくない方でも、読み物としてお楽しみいただけます。

・はじめに

・もくじ



●宮と京を経て、異境の入り口・奈良山まで

 Route1 平城



●高山、若草山…高みから一望し、また野遊びもする

 Route2 春日



●古につづく道をひたすら登り、ひたすら降る

 Route3 葛城



●おさんぽひとやすみ 二上山



●今日はどのルート?何度歩いても楽しみがある

 Route4 山辺の道



●ちょっと豆知識 古代の色名



●積み重なる時間を歩き、「泊瀬の檜原」を思う

 Route5 泊瀬



●万葉の気配ただよう、静かなる伝承の地

 忍阪



●おさんぽひとやすみ 宇陀



●ゆったり、のんびり 想像力をたずさえて

 Route7 飛鳥



●自転車での欲張りコース でも眼差しはおだやかに

 Route8 飛鳥(自転車)



●おさんぽひとやすみ 吉野



・おわりに

村田 右富実[ムラタ ミギフミ]