ねてもさめてもとくし丸―移動スーパーここにあり

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

ねてもさめてもとくし丸―移動スーパーここにあり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908443152
  • NDC分類 673.8
  • Cコード C0095

出版社内容情報

徳島発祥の移動スーパーで、テレビや雑誌でも話題のとくし丸。そのとくし丸と出会い、販売パートナーとして活躍する事を決めた、40代の主婦であり、母親でもある水口美穂さんが綴る、笑いと涙、冷や汗と感動の一冊。地域をまわり、商品を売り、おじいちゃんやおばあちゃんを見守る。シンプルなように見えて、実はとっても大変な道を、水口さんはこれでもかというポジティブさで駆け抜ける。

・はじめに



第一章 とくし丸、準備中

・運命の出会い

・緊張!スーパーとの顔合わせ

・とくし丸って何?

・過酷な開拓・4000軒にご挨拶

・ご挨拶なのに、いただきもの

・大先輩には参りました!

・雪山で遭難?!

・楽しい研修・3号車

・楽しい研修・2号車

・開業準備に大わらわ

・開業直前のエネルギーチャージ



第2章 いざ、発進!

・4月1日、出発式

・週2回がちょうどいい?

・シュークリーム事件

・お客様に守られて

・超ハードな積み込み&棚おろし

・フクヤ男山店さん

・仲間が寄ってく?る

・[移動スーパーとくし丸のうた]

・チョイス

・ものすごい運動量です

・トイレに困る

・売ったものがアッという間に

・正直

・家族の力

・こりゃ便利!

・大切な思い出の日

・大笑い



第3章 商売って面白い

・第2回とくし丸親睦会

・こぢんまりのメリット

・祝・新規出店

・別注は信頼の証

・猛暑対策

・私の1日

・お盆休みの過ごしかた

・とくしまるだいすき

・井戸端会議

・半分こ

・とくし丸ってフクヤ?

・商売のバランス

・そくび

・味があるねぇ

・とくし丸あるある



第4章

・どんどん拡がれ、とくし丸

・私が先生?

・50台突破!

・見守り活動

・応援団

・視察

・資源マップ

・お隣さん

・義父

・父

・初めての確定申告

・おかげさまで1周年

・地域の宝物

・失敗だらけの1年

・第3回とくし丸親睦会

・仲間が増える喜び

・遠いところから

・第1回日本サービス大賞受賞!



第5章 泣いて笑って、日々感謝

・名前

・素晴らしき90代!

・想いの詰まった・・・

・オリジナル・マイバッグ

・あのもん

・待つ

・関わり

・経験を活かせるように

・じゃんけん ぽん!

・耳より情報

・携帯ストン事件

・伝書鳩

・雪の日に温かい

・まるで選挙カー?

・とくし丸効果

・初・ラジオ出演とミニコミ紙

・とくし丸冥利

・財産

・販売ルートマップ

・つづきに(あとがき、にかえて) 住友達也

水口 美穂[ミズグチ ミホ]

内容説明

テレビ・新聞・雑誌などのメディアで話題のとくし丸。おばあちゃん、おじいちゃんのお買い物を助け、会話がはずむ場所にもなり、時にはおつかいまでしてしまう。そんな移動スーパーの日常をつづる、涙と笑いとちょっと冷や汗奮闘記。起業を考えている人にもおすすめです。

目次

第1章 とくし丸、準備中(運命の出会い;緊張!スーパーとの顔合わせ ほか)
第2章 いざ、発進!(4月1日、出発式;週2回がちょうどいい? ほか)
第3章 商売って面白い(第2回とくし丸親睦会;こぢんまりのメリット ほか)
第4章 どんどん拡がれ、とくし丸!(私が先生?;50台突破! ほか)
第5章 泣いて笑って、日々感謝(名前;素晴らしき90代! ほか)

著者等紹介

水口美穂[ミズグチミホ]
とくし丸販売パートナー。1970年、京都府宮津市生まれ。保育士・ベビーシッター・リゾートマンションフロント・コンビニ店員・介護職・福祉用具レンタル店員・工務店事務など、様々な職を経たのち、運命的にとくし丸と出会う。日記のように綴っていた「とくし丸5 go!」というブログが、書籍化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リョウ万代ホーム施主|貯金おじさん

25
著者の頑張り、お客さんとの掛け合いに癒やされました。ネットスーパーもこれから更に伸びてくるだろうけど、高齢者は対面販売を望む人も多いから、移動スーパーのとくし丸はこれからも業容を拡大していだろうなと思います。2017/08/04

さすらいのアリクイ

19
京都府の北部の街を移動スーパー車「とくし丸」に乗って行商をされている方が書かれた本。読んでいてこの本の著者、水口さんはこのお仕事に向いている方だなと。内容は水口さんが移動スーパー車に乗るまでのことや仕事の説明、紹介、移動スーパー車で買い物されるお客さんたちとの出来事など。文体が元気な感じがあってぐいぐい読めます。移動スーパー車の出発までの準備、家庭と仕事の両立、仕事内でのミスなど大変な部分も書かれていますが、やりたいこと、仕事に一生懸命打ち込んでいる光景や、水口さんの気持ちが伝わってくる。熱い本です。2017/08/31

ユーさん

12
「移動スーパー奮闘記」ですね。ハコモノの中で整然と並べられた大手主導の小売と対局を為す仕組み。実際の仕事は大変さがひしひしと伝わって来ますが、得られる物は「大変さ」以上の物。ただ単に物を売るだけに止まらず、そこから波及される多くの効果が繋がりを更に濃くしています。率直に「いいなー」と思います。2024/01/19

Melody

10
会社勤めだった主婦が、移動販売車「とくし丸」の販売パートナーとなるまで、そしてその後の奮闘を描いた記録。車を運転できないお年寄りにとって、移動販売車がかけがえのないものであるのはもちろん、地域と連携し、「見守り活動」も行う。仕事のキラキラした部分だけを切り取っているのではなく、過酷な部分も語られている。人との関わりが多ければ多いほど煩わしさもあるが、それを差し引いても、「人」という財産はかけがえのないものだ、という箇所に強く共感した。生前、移動販売車でいつも菓子を買ってくれていた、優しい祖母を思い出した。2018/07/07

nyanlay

7
ここ数年メディアで取り上げられていて、好印象を持っていた移動スーパーの販売員さんの本。希望、主婦と言うのと、著者の性格のおかげでしょうか、嫌味なく読める一冊。もちろん作家さんではないので、物足りなさはありますが人々の役に立てているとわかる内容でした。2017/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11768549
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。