凡々たる非凡―松下幸之助とは何か

個数:
  • ポイントキャンペーン

凡々たる非凡―松下幸之助とは何か

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 273p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908110078
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0034

内容説明

秘書として23年間、松下幸之助から全身全霊の薫陶を受け、全身全霊で師事した筆者が万感の思いを込めて綴る、凡々たる非凡の人・松下の成功の素顔。

目次

起 青のとき―キミ、二年間でええんや、わしのそばで勉強してみる気ぃないか。(小柄な人;些細 ほか)
承 朱のとき―キミ、明日から経営やってくれや。な、いっぺんやってみぃや。(経営担当;完全自立 ほか)
転 白のとき―政経塾では間に合わん。(最終目標;政経塾 ほか)
結 玄のとき―会社が、こんなに大きくなるとは思わんかった。(予測;第一号の学生 ほか)

著者紹介

江口克彦[エグチカツヒコ]
1940(昭和15)年2月1日、名古屋市生まれ。故・松下幸之助氏の直弟子とも、側近とも言われている。23年間、ほとんど毎日、松下氏と語り合い、直接指導を受けた松下幸之助思想の伝承者であり、継承者。松下氏の言葉を伝えるだけでなく、その心を伝える講演、著作は定評がある。現在も、講演に執筆に精力的に活動している。また、経済学博士、李登輝基金會最高顧問でもある。参議院議院、PHP総合研究所社長、松下電器理事、内閣官房・道州制ビジョン懇談会座長など歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)