絵描き―中島潔地獄絵一〇〇〇日

個数:

絵描き―中島潔地獄絵一〇〇〇日

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908110023
  • NDC分類 721.9
  • Cコード C0095

内容説明

地獄はものすごく怖くて、ものすごく優しい―。修行僧のように画力を絶えず磨き、新しい題材に挑み続ける画家が歩んだ“地獄絵への道のり”を伴走する感動のノンフィクション。

目次

1章 お天道様が見ている
2章 起点―母との別れ
3章 地獄絵に書かれた「心」
4章 誰にも見せない「箱」の中
5章 運を鷲づかみする
6章 地獄絵と救済
7章 パリ市民を感動させた「鰯」
8章 母なる慈悲に包まれて

著者等紹介

西所正道[ニシドコロマサミチ]
1961年、奈良県吉野生まれ。京都外国語大学卒業。雑誌記者を経て、ノンフィクションライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

007

19
★★★☆☆ 無名だった中島潔さんの作品を偶然見初め、購入第一号となったのがさだまさし氏。その絵をモチーフにした曲「雨宿り」が大ヒットに。人の縁は不思議なのだ。ガラリと作風を変えて挑んだ地獄絵を六道珍皇寺で見てみたい。2015/06/29

いぬたち

0
中島潔展に行った時に購入。一番気になった絵が題材になっていたので手にとってたが、ドキュメンタリー番組を文書化した内容。中島氏の生い立ち、地獄に関する解説、そしてなぜ東北の震災間もなく地獄を描きたいと考えたのかという中島氏の心情などが書かれており絵画展で展示された作品をさらに深く理解出来る本であった。気軽に読める文章なので中島氏の展示会で見かけたら手にとってもいいんじゃないかな?2018/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9691520

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。