天皇象徴の起源と“私”の哲学―日本古代史から実存を問う

個数:

天皇象徴の起源と“私”の哲学―日本古代史から実存を問う

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908073632
  • NDC分類 304
  • Cコード C0021

内容説明

著者自身の内的葛藤と古代日本国家の形成過程がシンクロし、日本及び日本人の心性の深奥に分け入る稀有な天皇論。天皇制の起源を、石渡信一郎による一連の古代史解釈にフロイト理論を援用し、単なる史実解明を超えた独自の理論から明らかにする林順治の「代表作」。

目次

序章 「世界内存在」
第1章 わが存在の故郷(兄弟姉妹一一人;父と母と私;母の物語 ほか)
第2章 象徴天皇と日本および日本人(ポツダム会談;運命の人鈴木貫太郎;連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーと昭和天皇 ほか)
第3章 二〇〇九年(人と人との出会い、その偶然と必然;都議会選挙顛末記;写真家福島菊次郎さんを訪ねて ほか)

著者等紹介

林順治[ハヤシジュンジ]
旧姓福岡。1940年東京生れ。1944年、父母の郷里秋田県横手市雄物川町深井(旧平鹿郡福地村深井)に移住。県立横手高校から早稲田大学露文科に進学するも中退。1972年三一書房に入社。取締役編集部長を経て2006年3月退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。