まさか逆さま

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

まさか逆さま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908059506
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

中村航×フジモトマサルがお届けする回文とイラストが育んだ“奇蹟の物語”。

著者等紹介

中村航[ナカムラコウ]
1969年生まれ。2002年、『リレキショ』で文藝賞を受賞しデビュー。『ぐるぐるまわるすべり台』で野間文芸新人賞を受賞

フジモトマサル[フジモトマサル]
1968年生まれ。漫画家、イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

132
回文を元に小説を書いたとても不思議な本。読んでいてこんなのも回文なのかと驚きの連続だった!回文。上から読んでも下から読んでも同じ言葉。そのため意味のないものも多くなってしまう。しかしその回文から連想される物語を紡いで1つの小説になった。旧世界ではやってたことを新世界でやる。その旧世界の話もなんとなくおかしい笑 合同ヤングコンパ 結婚の儀などなど。いまの世の中でもやらないだろうというものをやっている。そしてイラストがめっちゃいい!フジモトマサルさんの絵が本当にいい味を出している。皆さんもぜひ見てみて!2021/11/28

おかむー

78
「さみしさの刺身さ」このように回文というものは文章としての意味はとおらないことがほとんどです。その回文にフジモトマサルがイラストをつけ、それを受けた中村航がショートストーリーを加えてゆくという珍しいコラボ作品。『よくできました』。回文とイラストによるシュールな世界観に、中村航のファンタジックかつ生活感を醸し出す作風がしっくりと馴染み、いっさつを通してひとつの物語を成立させているのに感心しますね。そして中村作品のお約束、どこかで見たコトバや文章がちらほらと紛れ込んでいるあたりでほっとしてしまいますよ。2016/11/06

keroppi

75
投稿された回文に、フジモトマサルさんが絵をつけ、中村航さんが文をつけた。不思議な世界が現れる。終わりは始まり。言葉は回る。この見事な回文と世界の広がりを読みながら、感想を回文で作ってみた。「ナーイス回文、全部生かす。いーな(なーいすかいぶんぜんぶいかすいーな)」ちょっと無理あるかな。2020/12/28

ひめありす@灯れ松明の火

61
一般の方から募集した回文にフジモトマサルさんがイラストをつけ、そこに中村航さんがショートストーリーをくっつけるという、その瞬間にしかなしえなかったお話達。凄く面白い訳ではないけれど、肩の力を抜いて気楽に読めました。恐ろし気なホラーあり、SFあり、ラブストーリーありで盛り沢山。フジモトマサルさんのイラストゆえか、動物が出てくるものがやたら多くて妙に人間臭い動きの動物たちが面白い。回文も長いのもあって、こんなのを思いつくなんてすごいなあ。いつ考えるのだろう。長き夜のとをのねぶりの皆目覚め波乗り船の音のよきかな2017/07/23

ひらちゃん

55
回文ゆえに怪文。意味の通らない文なれど、意味を持つシュールな短編に仕上げてくる中村航さん。そこにとぼけたフジモトマサルさんのイラストが絶妙なコラボを見せる。なが~い回文を作るにはどんな頭がいるのやら。一個も思いつかない‥‥。この二人ただ者じゃない(笑)2016/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11207513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。