親と子のアドラー心理学―勇気づけて共に育つ

個数:

親と子のアドラー心理学―勇気づけて共に育つ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月19日 23時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908059094
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0095

内容説明

子どもを支え、見守り、導く、すべての親のためのアドラー心理学。子どもの行動の目的に着目すると、子どもを伸ばすチャンスが増えます。もっともあなたの役に立つ、子育ての確かな指針となる本。

目次

第1章 子どもを伸ばすアドラー心理学の子育て4つのキーワード―4つのキーワードで身につくアドラー心理学の子育て法(子どもの誕生は、尊敬の原点 子どもはかけがえのない一人の人間;子どもの目で見て耳で聞く共感 ほか)
第2章 良好な親子関係が子どもを伸ばす―4つのキーワードの具体的な展開(良好な親子関係;叱らないから伸びる ほか)
第3章 体験と勇気づけが子どもを伸ばす―体験こそ子どもの最大の教師(体験の機会を奪う過保護と過干渉;体験したことの結末から学ぶ ほか)
第4章 対人関係と社会性を豊かに育てる―子どもが身につける3つのこと―社会性、創意工夫力、臨機応変力(祖父母との関係を尊重する;きょうだいの関係 ほか)
第5章 親自身を勇気づける―悩まずに子育てした人はいない(うまくいかないことばかりだと思うとき;夫にできること ほか)

著者等紹介

岩井俊憲[イワイトシノリ]
1947年、栃木県生まれ。1970年、早稲田大学卒業。外資系企業の管理職などを経て、1985年4月、有限会社ヒューマン・ギルドを設立。代表取締役に就任。アドラー心理学に基づくカウンセリング、カウンセラー養成。各種研修を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。