あの扉のむこうへ―自閉の少女と家族、成長の物語

個数:

あの扉のむこうへ―自閉の少女と家族、成長の物語

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月21日 19時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784907725648
  • NDC分類 913.8
  • Cコード C0036

内容説明

自閉スペクトラムの作家が、自閉の子どもの心のうちを、読みやすい物語につづりました。自閉の人々と、「一般」の人々との架け橋となる一冊。

目次

涙のわけ
迷路の入り口
出口を捜しながら
出口の先にある長い道へ
募る不安
ひとすじの希望
努力への道
ゆっくりするから見えてくるもの
クリスマスの願い事
みんな仲良くしたいのに
スマイルマークに弓矢をはなて
ひとりじゃないから
ランドセルに託す未来
みはらし小学校に向かって
エピローグ
藤家寛子エッセイ いまさらごめんね二〇〇四夏

著者等紹介

藤家寛子[フジイエヒロコ]
作家・大学生。解離性障害を克服後、20代前半でアスペルガー障害と診断される。自分が自閉スペクトラムだと知ってから、幼い頃の追憶や診断後の心の動き、自分で編み出した生活上の工夫を、著書「他の誰かになりたかった多重人格から目覚めた自閉の少女の手記」にまとめた
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こばだい

3
ゆめちゃんを授かった家族は、当初は、不安やわからないことだらけで辛い経験や大変なことが多くて、大変だと思った。でも、お母さんとお父さんが覚悟を決めてからは、お互いが強い気持ちで向き合っていた。でも、お母さんの頑張りで、周りの人たち(幼稚園の保護者)の心を変え、幼稚園と保護者が障害を理解し、一体となってゆめちゃんを支えていく姿が1番印象的だった。周りの人たちの支えが必要だと感じた。2013/12/01

KounoNao

2
自閉症スペクトラム(アスペルガー障害)の著者が過去を振り返って書いた、フィクション系の児童書(?)でした。文章の雰囲気やフィクションゆえの構成から、なんというか一種の「甘さ」は感じられるかも知れない。もしかしたら人によっては反発も。ほんとうの彼女の体験は別の著作(『他の誰かになりたかった』)にしたためられている。著者が参加している対談集と合わせて、全体的な雰囲気をつかむために読んでいる感じ。小学校の図書館にあった福祉系の本を思い出しました。2011/03/23

Kurumi Iwamoto

1
著者の体験をふまえて書かれている部分から学ぶことが沢山あったが、周囲者の受け止め方などフィクションであるから可能な展開が多かった。そのため、学校側との連携がうまくいっていない場合にどうしたらいいか知りたい保護者の方向きではないと思う。 読みやすかったので著者の手記も時間がある時に読んでみたい。2016/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/607277
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。