ナイロン発明の衝撃―ナイロンが日本に与えた影響

個数:

ナイロン発明の衝撃―ナイロンが日本に与えた影響

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 164p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784907654856
  • NDC分類 578.73
  • Cコード C3040

内容説明

本書は、ナイロンの出現が日本へ与えた影響を多方面から究明するものである。日本のアカデミズム、繊維会社、政府、一般大衆等にどのような影響を与えたかを闡明し、この科学的異文化を日本全体がどのように受容し対応していったかを明らかにする。特に戦後、大発展した日本の高分子化学にどのような影響を与えたかを特に詳細に検討する。

目次

第1章 高分子説と会合体説の論争
第2章 カロザースのナイロン発明
第3章 ナイロン出現時の日本の生糸産業と繊維工業
第4章 ナイロン出現とその影響
第5章 財団法人日本合成繊維研究協会設立
第6章 日本における合成繊維研究―ビニロン
第7章 日本のナイロン研究
第8章 戦後の日本の高分子化学の発展

著者等紹介

井上尚之[イノウエナオユキ]
1954年生まれ。京都工芸繊維大学卒業。大阪府立大学大学院博士課程修了。理学博士、博士(学術)。国・公・私立大学兼任講師。環境マネジメントシステムISO14001審査員。環境計量士。専攻は科学技術史、環境マネジメント、化学教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。