アルフィーとせかいのむこうがわ

個数:

アルフィーとせかいのむこうがわ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 12時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 21X28cm
  • 商品コード 9784907542627
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

出版社内容情報

ケイト・グリーナウェイ賞受賞作家の、不朽の名作を新訳で再刊!



霧が立ち込める川沿いの町。船の汽笛と遠くに霞む色とりどりの光。

幻想的な魅惑の世界へ、そっと連れていってくれるお話です。



町の片隅や路上の人々をテーマに、唯一無二の表現スタイルで数多くの名作を遺したチャールズ・キーピング。

本書は、幻想的なロンドンの風景を、少年の視点で描いたキーピングならではの逸品です。



【あらすじ】

テムズ川の砂糖工場の裏に住む少年アルフィー。毎週金曜日に、近所の通りにやってくるバンティおじさん。アルフィーは、バンティが船乗りだった頃に見た「せかいのむこうがわ」の話を聞くのが大好きでした。ある夕暮れ、アルフィーは、霧の中で色とりどりの光を放つ大きな船を見つけます。「せかいのむこうがわ」に行こうと決心したアルフィーは、雑踏に紛れ、その船に乗りこみました。

チャールズ・キーピング[チャールズキーピング]
著・文・その他

ふしみ みさを[フシミ ミサヲ]
翻訳

内容説明

テムズ川の砂糖工場の裏に住む少年アルフィー。毎週金曜日に、近所の通りにやってくるバンティおじさん。アルフィーは、バンティが船乗りだった頃に見た「せかいのむこうがわ」の話を聞くのが大好きでした。ある夕暮れ、迷子になったアルフィーは、霧の中で色とりどりの光を放つ大きな船を見つけます。「せかいのむこうがわ」に行こうと決心したアルフィーは、雑踏に紛れ、その船に乗りこみました。町の片隅や路上の人々をテーマに、唯一無二の表現スタイルで数多くの名作を遺したチャールズ・キーピング。本書は、幼想的なロンドンの風景を、少年の視点で描いたキーピングならではの逸品です。

著者等紹介

キーピング,チャールズ[キーピング,チャールズ] [Keeping,Charles]
1924年、ロンドンの下町に生まれる。リーゼントストリート工芸学校でリトグラフ、エッチングを学ぶ。ローズマリー・サトクリフの作品に挿絵を描いたことがきっかけで、絵本の創作をはじめる。1967年、『チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア』でイギリスの子どもの本に贈られる権威ある賞、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞。その後、1981年にも“The Highwayman”でも同じ賞を受賞している

ふしみみさを[フシミミサオ]
伏見操。1970年、埼玉県生まれ。フランス語、英語の児童書を翻訳しながら、ときどきエッセイも書く。現在、日本とフランスを往復して暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

15
大好きな船乗りバンティを捜しに、「世界の向こう側」をめざして船に乗ったアルフィーを、幻想的な風景が包み込んでいきます。 初めて乗った船はフェリーボート(原題そのもの)でしたが、アルフィーがバンティに巡り会えた奇跡には充分な役割をはたしてくれました。 「世界の向こう側」という言葉が、いつかは目指したい夢の世界を象徴していて、絵の幻想空間とともに重厚な作品です。2018/12/13

魚京童!

12
せかいのむこうがわなんてなんだかなー。2019/01/06

maple

8
キーピングの作品を何冊か読んできたけれど、これがいちばん好きかも。ロンドンに住む男の子アルフィーは、船乗りのバンティが語る「せかいのむこうがわ」にあこがれる。ある日、いつもの場所に姿がなかったバンティを探しにいこうと、アルフィーははじめて大きな船に乗りこむ。どのページもあこがれと冒険心にあふれていて、キーピングの幻想的な絵が想像力をくすぐる。2019/04/28

いっちゃん

8
てっきり外国まで行ったのかと思ったら、違った。けど、よくわからない味知の世界を見たような、不思議な絵本だった。2018/12/05

Bridge

7
いろんな色が並ぶ、キーピングにしては珍しい色づかいの絵本。1作ごとに冒険をしていたのかもしれない。テレビのカラーバーのように並ぶ色、色、色!間違いなく、日本で出版されているキーピング作品で最もカラフル!街灯の表現が、イギリスで見た本物の街灯のような光り方。でも、この作品ではカラフルに光っております。2020/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13176951

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。