しあわせの王様―全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦 (増補新装版)

個数:

しあわせの王様―全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦 (増補新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月23日 03時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907542276
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

ALS、はじめて耳にするその名、医師の宣告余命三年。不治の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の身でありながら常に前向きに生きる男・舩後靖彦が、その生き様を短歌に謳う!

目次

宣告―告げられて我も男子と踏ん張るも その病名に震え止まらず
発病―十歳の愛娘との腕相撲 負けて嬉しい花一匁
少年時代―野良犬を友とし蝉を追いかける 転校生の夏休みかな
青春―日雇いの配管稼業 武者修行 汚水まみれで己を磨き
就職―いつの日かインドの大地かけめぐる 大商人となる夢を見る
企業戦士―わが仕事大波に乗るサーフィンか 友も家族も浜の点景
予兆―指もつれ鞄掴めぬ通勤路 たすきにかけて若者ぶって
不安―病院に行けば二度とは戻れぬと予感し あえて診察受けず
失態―妻の肩 杖にするとは情けなや 大黒柱となるべき我が
ALS―筋萎縮性側索硬化症 ALSの禍々しき名〔ほか〕

出版社内容情報

「ALS はじめて耳に するその名 医師の宣告 余命三年」



不治の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の身でありながら常に前向きに生きる男・舩後靖彦が、その生き様を短歌に謳う!



「治療法がない」「全身麻痺」「呼吸停止」「余命3年」

過酷な宣告に絶望し、どん底に落ちた船後は、同病の共を支える「ピアサポート」をきっかけに大きく立ち直る。

人を支えることは、自分を勇気づけること!人生どんな状況でも楽しめる!

全身麻痺の身で講演やコンサートをこなし、創作活動を続ける「しあわせの王様」の生き方とは。

舩後 靖彦[フナゴ ヤスヒコ]
1957年生まれ。商社マンとして一線で活躍していた41歳の夏、ALSと診断される。絶望し一時は死も考えたが、福祉サービス業株式会社 アース取締役就任を以って、社会復帰をはたす。現在、副社長。他に、湘南工科大学テクニカルアドバイザー、上智大学非常勤講師もする。著書に、『三つ子になった雲』(日本地域社会研究所)、『死ぬ意味と生きる意味』(共著)(上智大学新書)、他がある。

寮 美千子[リョウ ミチコ]