夜の神社の森のなか ようかいろく(妖会録)

個数:

夜の神社の森のなか ようかいろく(妖会録)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月30日 17時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 31cm
  • 商品コード 9784907542214
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

神社の敷地で遊ぶ子どもたち。一人の少年が、不思議な物を見つけ鞄にしまった。その夜、少年が再び神社の前を通りかかった時、落とし物を返してほしいと妖怪が現れた!逢魔が時の境内は、妖怪たちが闊歩する場所。少年は、見たこともない不思議な世界を体験する。妖怪に出会ってしまった、記録の書。

著者等紹介

大野隆介[オオノリュウスケ]
1970年、東京生まれ。グラフィックデザイナー。装丁家の辻村益朗氏に師事し、デザインを学ぶ。絵本、書籍などの装丁、デザインを数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ままこ🌿

102
夜の神社ってなんか怖いよね。天狗のうちわを自分のものにした男の子が連れられた先は…。暗闇に潜む妖怪たちが不気味〜。仄暗いモノトーンの絵が摩訶不思議な雰囲気を盛り上げる。帰り道あれは危機一髪だったな。巻末の妖怪辞典を見ながら隠れた妖怪を探すのも面白いかも。2020/08/19

かりさ

84
神社の境内で遊ぶ子供たちのひとりが不思議なものを見つけた。咄嗟にそれを鞄に仕舞う少年。その夜、少年が再び神社の前を通りかかると、落し物を知らないかと訪ねるモノが…。夜の神社は真っ暗闇で、そうこんな感じ、と暗闇を想起させるようなモノクロームの絵本世界。暗闇に蠢く妖怪たちが不気味ながらも妖しく、怖いながらもちょっとユーモラスで愛着すら感じます。黒鉛筆で描かれた緻密な線画、リアルに見える妖怪たち、幻想的な世界に惹き込まれました。少年が体験したのは夢か現か幻か。美しい絵本。2016/09/20

nakanaka

72
様々な日本の妖怪が登場する絵本。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪が殆どなので懐かしく読むことができました。絵が白黒調なので夜の不気味さがこれでもかというほどに表現されています。子どもたちにはちょっと怖かったかもしれませんが「大天狗」の優しさがマイルドな印象を与えてくれたようです。最後の「おとろし」が恐ろしい。2016/01/22

グレ

51
アニメ化作品が深夜にNHKで放送されていました。いいモン拾ったぜラッキー♪と思った少年だが、そのブツの正体は・・・。妖怪達が豪華出演で、怖いながらも賑やかな絵本◎ モノクロの書影だけ見たら、まるで無料の電子書籍みたいだが笑2022/03/28

よこたん

51
“空に、だれかの笑い声が聞こえた。” 闇がねっとりこっくりと深い。漂う空気がMRIの検査室の中のように重くのしかかる。「んーふ、むぅーんふ」と人ならざるものたちの息遣いが絡みついてくるような。神域とちゃうんかい!?とつっこみながら、目を凝らしてよく見えないものを探しに行く、不気味だけど。これは、大天狗の退屈しのぎのお戯れにつき合わされたのかな。恐怖のあまり最後の最後で、恥ずかしい事態に。そこへ通りかかる友達にしっかり見られるこれって悲劇。夜の神社はやっぱり怖い。お祭りの夜の神社とは全く別の顔だから。2020/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9917281

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。