闇を泳ぐ―全盲スイマー、自分を超えて世界に挑む。

個数:

闇を泳ぐ―全盲スイマー、自分を超えて世界に挑む。

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907333225
  • NDC分類 785.2
  • Cコード C0075

内容説明

パラ水泳メダリストが辿った30年の軌跡。小学4年生で水泳を始め、2008年北京大会でパラリンピックデビュー。12年ロンドン大会では銀銅2つのメダル、16年リオ大会では銀銅4つの日本人最多メダルを獲得。東京ガス所属。18年より武者修行のため拠点をアメリカへ移す。地道に「武器」を増やし、ひたすらにその「武器」を磨いた半生の記録。

目次

第1章 幼少期・小学生時代―「見えない自分」と向き合った日々
第2章 中学・高校生時代―波乱万丈な東京での新生活
第3章 大学生時代―メダリストになった僕
第4章 社会人・大学院時代―続く試練、見出した希望
第5章 アメリカへ―新天地での再スタート

著者等紹介

木村敬一[キムラケイイチ]
パラ競泳選手。所属:東京ガス株式会社。生年月日:1990年9月11日。出身地:滋賀県。2歳の時に病気のため視力を失う。小学校4年生で水泳を始め、2012年ロンドンパラリンピックで銀銅2つのメダルを獲り、16年リオ大会では銀銅4つの日本人最多メダルを獲得。東京大会では自身初の悲願の金メダルを狙う。パラ水泳(視覚障害S11クラス)50m平泳ぎ、50mバタフライ、200mバタフライの世界記録保持者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

taku

16
「この日のために頑張ってきたこの日ってほんとにくるんだなって思って(略)凄く幸せです」東京パラリンピック100mバタフライ金メダル。木村はインタビューで泣いた。この日までの少し前、東京開催延期が決まった頃までの人生の軌跡。パラ競泳のエースとなった道のりに、笑い楽しみ悩み葛藤した跡が残っている。両親をはじめ支えてくれた多くの人々は照らす光であった。そして一番強い光は自分自身。表彰式で国家が流れたときも木村は泣いていた。また映像を観たら、もらい泣きしそうになったよ。2021/10/08

まめ

6
私の脳内にあった視覚障害を持つ人々に対するイメージが、本当に180度変わった。「見えないってきっとすごく大変だろう」「だから私たちには思いもよらない悩みや不安があるだろう」と勝手に思っていたが、勝手にそんな風に思って申し訳ないと思った。心から普通に楽しんでるし、もんんんのすごくアクティブでポジティブ。自分から積極的に色んなことに挑戦して、なんやかんやで大体大団円。私もこの行動力を見習いたい。すごい。2022/02/01

Toku

3
パラ東京での金メダル、その表彰式の涙が印象的だった、言わずと知れた日本代表スイマー。底抜けの明るさとどん底の悩みが同居する人柄に、魅力を感じる。木村選手のユーモアが散りばめられた文体に引き込まれ、一気に読んでしまった。 最後にある、木村選手のお母様からの手紙には涙が出た。幼い息子さんの側にいて、もっとたくさん支えてあげたかっただろうな·····。"両親が代わりに悩んだり、苦しんだりしてきてくれた" という木村選手の言葉に、そんなご両親様の今までが全て報われたような気がして、さらに涙。2022/02/01

えみー!

3
パラリンピックを見ていて、彼のインタビューとか言葉の選び方が心地よく、うまい事いうなあ、と感じたので、気になって読んでみた。見えないことは闇ではなく、寧ろ木村選手の綴る言葉で彼には多彩な色で感じているんだと思った。 彼と周囲の人、両親、みんな温かい。視覚障害者の悩みや失敗もわかりやすくて知ってよかった。遠い金メダリストでなく、近所のお兄さんみたいな感覚。2021/12/08

maimai

3
今年読んだ本のなかで一番良かった。小説では到底出せない木村選手のリアルな人生が、とても美しい言葉選びで、かつウィットに富んだ文章で描かれています。目が見えなくても、色が分からなくても、木村選手が歩んできた人生はとても色彩豊かだと感じました。だいぶもやもやグレーな毎日を過ごしていた私にとって、心にパッとカラフルな絵の具を散らしてくれるような1冊でした。2021/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18230462
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。