もう、相撲ファンを引退しない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907239275
  • NDC分類 788.1
  • Cコード C0075

内容説明

かつて「貴乃花の引退とともに相撲ファンを引退した」作家・星野智幸が再び国技館を訪ねると、そこには「モンゴルへ帰れ」といったヘイト野次が公然と飛び交っていた―著者初の相撲エッセイ!はたして、大相撲と日本社会は「日本人ファースト」に寄り切られたのか!?

目次

イントロダクション1 「日本スゴイ」ブームの極み、大相撲人気に覚える違和感
イントロダクション2 一瞬の共同性を生きる
第1章 曙貴時代の空気を振り返る
第2章 「日本人ファースト」に潜む危うさ
第3章 「国技」の相撲、相撲のルーツ
第4章 「スー女」は大相撲の未来を担う
スー女対談 星野智幸×和田静香
第5章 小説『智の国』

著者紹介

星野智幸[ホシノトモユキ]
1965年、米国ロサンゼルス生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。新聞社勤務後、メキシコに留学。1997年「最後の吐息」で文藝賞を受賞しデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』(新潮社)で三島由紀夫賞、03年『ファンタジスタ』(集英社)で野間文芸新人賞、11年『俺俺』(新潮社)で大江健三郎賞、15年『夜は終わらない』(講談社)で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件