あそびの生まれる場所―「お客様」時代の公共マネジメント

個数:

あそびの生まれる場所―「お客様」時代の公共マネジメント

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784907239237
  • NDC分類 361
  • Cコード C0036

内容説明

何かをしてみようという気持ちが生まれてくる公共空間とは?権力に頼ることなく、自由を感じながら生きていける、そうした暮らしや社会は、どうすればつくれるだろうか。「遊び」「公共」「コミュニティ」をキーワードに「お客様」時代の公共マネジメントを考える―

目次

第1章 「サービス社会」の風景(「すみません、あの木に登ってもいいですか?」―子どもと遊びの現在;「保護者のみなさんは、ゆっくりしていてください」―サービス産業化の中の子育て風景 ほか)
第2章 焚き火の風景(「大人になってからの友達っていいもんですね」―おとうさんのヤキイモタイム;「あっ、所長ってこういう人だったんだ」―煙の向こうに見えるもの ほか)
第3章 遊びの生まれる風景(セミ取りの風景―北浜こども冒険ひろば(東京都品川区)
七の日、道端で―一畳プレーパーク(埼玉県川口市) ほか)
第4章 対話の風景(顔を合わせる―焚き火のできるまちへ;「対話」の時間をもつ―プレーパークという試み ほか)

著者等紹介

西川正[ニシカワタダシ]
コミュニティワーカー/特定非営利活動法人ハンズオン埼玉理事。1967年滋賀県生まれ。学童指導員、出版社、障害者団体のスタッフ、NPO支援センター事務局長などを経て、2005年、特定非営利活動法人ハンズオン埼玉を設立。「おとうさんのヤキイモタイム」キャンペーンをはじめ、東北福島から埼玉への避難者に向けた月刊誌『福玉便り』の編集など、行政・企業を巻き込んだ市民参加型のまちづくりのプロデュースに関わる一方で、まちづくりや子育て支援にかかわる研修などで講師やファシリテーターとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

何かをしてみようという気持ちが生まれてくる公共空間とは?

権力に頼ることなく、自由を感じながら生きていける、そうした暮らしや社会は、どうすれば作れるだろうか。

コミュニティワーカーとして「おとうさんのヤキイモタイム」などを提唱してきた著者が、全国の「あそびの生まれる場所」を紹介しながら、「お客様」時代における公共空間のありようを考える。

はじめに 「何かあったら困るので……」



第1章 「サービス社会」の風景

 子どもと遊びの現在

 サービス産業化の中の子育て風景

 「禁止」の生まれる構造

 2つの新しい公共

 「話す人の心は聞こえてこない」



第2章 焚き火の風景

 おとうさんのヤキイモタイム

 煙の向こうに見えるもの

 「一緒につくる」ことの意味

 落ち葉の遊園地

 「道」が「通り」に変わる時



第3章 遊びの生まれる風景

 北浜こども冒険ひろば

 一畳プレーパーク

 子育てひろば「ぶりっじ@roka」

 フキデチョウ文庫

 こどものたまり場・大人のはなす場「かっちぇて」

 コミュニティハウスひとのま

 彩星学舎

 のおがた未来cafe

 NPO法人なかよしねっと

 NPO法人暮らしネット・えん

 高知こどもの図書館

 深谷シネマ

 わらしべの里共同保育所

 興望館

 川口自主夜間中学



第4章 対話の風景

 焚き火のできるまちへ

 プレーパークという試み

 「保育」をささえるもの

 「私のだいじな場所」になる運営

 「コミュニティワーク」という仕事

 「公共は発生する」



あとがき

西川 正[ニシカワ タダシ]
コミュニティワーカー、特定非営利活動法人ハンズオン埼玉理事。1967年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、NPO支援センター事務局長などを経て現職。趣味は、「カブリモノ」の作製と道端に七輪やこたつを置いて遊ぶこと。本書は初の単著。