東日本大震災からの復興<br> 想いを支えに―聴き書き、岩手県九戸郡野田村の震災の記録

個数:

東日本大震災からの復興
想いを支えに―聴き書き、岩手県九戸郡野田村の震災の記録

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 245p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784907192099
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

目次

「皆さまのあたたかいお気持ちに支えられて」
「三日三晩、スタンドで給油作業」
「商工会青年部長としての思い」
「ボランティアの受け入れ窓口として暗中模索の日々」
「子供たちの元気が大人に力を与えてくれる」
「最悪の状況の中、役場職員としてベストを尽くす」
「負けたくねえ」
「何もかも流されて」
「妹を家で介護した日々」
「一歩踏み出す勇気がなかった」
「お父さんが無事か気が気ではなかった」
「ボランティアの力はお金には代えられない」
「津波から逃げて高台から見ると、自分の家がなくなっていた」
「自分たちの本当の生活をとり戻す」
「仮設住宅から家の改築に通う日々」
「五〇年かけて集めた道具を全部流した」
「作物を作るだけではない農業の力」
「震災を乗り越えて、前へ」
「とにかく逃げること」(久慈一雄さん)