がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ

個数:
電子版価格 ¥1,500
  • 電書あり

がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月26日 07時15分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907072582
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0047

目次

第1章 がんとともに生きるということ―がん患者一人ひとりの想い
第2章 私が腫瘍内科医になったわけ―治らない病気と向き合うということ
第3章 HBM 人間の人間による人間のための医療―医療は人間の幸せのためにある
第4章 「がん難民」にならない考え方―いつでもそこにある緩和ケア
第5章 情報の波に乗るために―EBMのルールを知り、自分にプラスとなる選択を
第6章 リスクとベネフィット―がん検診の利益と不利益のバランスを考える
第7章 近藤誠さんの主張を考える―不毛な抗がん剤論争を超えて

著者等紹介

高野利実[タカノトシミ]
虎の門病院臨床腫瘍科部長。1972年東京都生まれ。1998年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、東京大学医学部附属病院内科および放射線科で研修。2000年より東京共済病院呼吸器科、2002年より国立がんセンター中央病院内科レジデント。2005年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。2008年、帝京大学医学部附属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。2010年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、3ヶ所目の「腫瘍内科」を立ち上げた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くりりんワイン漬け

9
癌に関する本は色々あります。特定の癌についての基礎的知識についての本、患者さんそのご家族への食事等の注意事項についての本、人生についての本、補完療法についての本。色々とありますが私が一番しっくりきたのは高野氏のがんとともに共生する考え方を氏の体験をふまえて解説した本書です。線をひいたところたくさんありますが、一文だけ紹介いたします。「抗がん剤治療を受けるために生きているわけではなく、自分らしく生きるために抗がん剤治療を受けているわけですから、・・・副作用やがんの症状を抑えるように工夫するのが私の仕事です。2016/06/01

saboten130

3
学会でお話を聞いて購入、一気読み。抗がん剤治療を受ける方と接する機会が多く悩んでいた事がスッキリしました。人のために頑張ろうと思いました。当たり前のことに気付かしてくださってありがとうございます。2016/09/24

yunico

1
癌になってしまって代替え医療とかセカンドオピニオンとかウロウロオロオロしてたところケアマネの方が貸してくれた。とりあえず、死ぬことは誰しも逃れられないしそれが癌により早まってしまう事はあるのはもう仕方ないとして、最期まで自分らしく生きて、苦しくないよう緩和ケアを利用して、医療はちゃんとあなたをサポートするよって本だった。「ああ、やっぱり死ぬんだなあ」とは思っちゃったけど。しかしここに出てくる患者の方々はこの先生にかかるともう死を恐れていないように見える。2018/06/07

まなまなさん

0
がん患者さんにも、そのご家族にも読んでもらいたい本。抗がん剤は身心ともにボロボロになるイメージ?余命宣告され、もう数カ月しか生きられない?医者はやたらと薬物治療をすすめる?もう治療はやり尽くした?いえいえ。自分の治療は自分で決められるんです。希望を持って。2016/11/11

だひ

0
2.5 HBM 2022/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10776871
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。