中国集団指導制―チャイナ・セブンを生んだ独自の人材発掘、育成システム

個数:

中国集団指導制―チャイナ・セブンを生んだ独自の人材発掘、育成システム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月22日 12時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 337p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784907051099
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C0033

内容説明

優秀な人材を見つけ、磨き上げるシステムと集団施政の効果を徹底解析。

目次

第1章 序論―中国政治制度、成功への鍵
第2章 中国「集団指導制」の歴史的変遷
第3章 集団分担恊働制
第4章 集団交代チーム制
第5章 集団学習制
第6章 集団調査研究制
第7章 集団政策決定制
第8章 「集団指導制」の政治優位
第9章 中国共産党第一八回大会で指導部の新旧交代は如何に進められたか

著者等紹介

胡鞍鋼[コアンコウ]
1953年遼寧省生まれ。文化大革命後の1978年、大学入試再開で唐山工学院入学。その後、北京科技大学、中国科学院自動化研究所で学び、工学博士号を取得。1991年米国イエール大学経済学部留学。中国科学院‐清華大学国情研究センター長、清華大学公共管理学部教授、清華大学国情研究院院長

丹藤佳紀[タンドウヨシノリ]
1940年会津生まれ。63年東京外国語大学中国科卒、読売新聞社入社。横浜支局を経て外報部勤務。サイゴン・ソウル・北京各特派員、北京支局長、編集委員。2000~2006年東洋大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。