奈良女子大学叢書<br> 疫病と日本史―「コロナ禍」のなかから

個数:

奈良女子大学叢書
疫病と日本史―「コロナ禍」のなかから

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906822683
  • NDC分類 210.17
  • Cコード C1321

目次

第1部 「コロナ禍」への問い(疫病と歴史の構造転換―スペイン風邪からCOVID‐19へ;新型コロナウイルス禍と惨事便乗型政治の失敗;コロナ禍の「自粛要請」とその受容の精神史;疫病国家論;新型コロナウイルス感染症対策の史的前提と専門家会議)
第2部 疫病から読み解く歴史(近代日本の誕生と飢餓・疫病・戦争;隔てること・つなぐこと―奈良・平安期の疫病をめぐって;疫病と仏教導入とその日本化;飢餓・疫病と農業・貨幣の誕生)
附 中世の集団と国制

著者等紹介

小路田泰直[コジタヤスナオ]
1954年生まれ。奈良女子大学副学長。研究分野:日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

69
図書館の新刊コーナーで見つけて。日本史における疫病が日本国家に与えた影響を論じると共に、現在のコロナ禍における政府の失策や日本国民独特の心情も論じている。「結局この国では、あらゆる感染症対策は、差別と排除を伴う一人ひとりの自己防衛と、医療従事者たちの決死の献身の上にしかなされないということになる。」なんともやるせないし、情けない。ただ、今の感染拡大の状況と、それに対する政治家たちの対応を見ているとそうも思えてしまう。このコロナ禍が収まった時、未来に向けて救いとなる歴史が描けるようになればいいのだがと思う。2020/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16869998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。