松本圭二セレクション<br> 電波詩集―アストロノート〈3〉

個数:

松本圭二セレクション
電波詩集―アストロノート〈3〉

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 125p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784906738304
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0392

出版社内容情報

06年萩原朔太郎賞受賞作品を、著者本来の意向に従って3分冊化。「現代詩手帖」誌に連載した「時限爆弾」的な短詩群を収録。朔太郎賞受賞作の断裂??



  二千十万年夏休み、男子高生の三人に一人が言語障害に陥るであろう

  母音を失った彼らは「小鳥のさえずり」を一斉に始めるであろう

  ポエジーとエレジーとバンジーが破局的に衝突する川面で美しいものがすべて砕け散るであろう

  思い出や思い出や思い出や隠し通した欲望が!

  そしてテクストの時代が終わる

  おれはカンブリアの魚に誘われるように穴に入って行った

  その穴

  世界市民がめいめいに打つ絶望的読点のなかに

  全ての窓辺からカーテンが取り外された日、おれは一瞬の鳥バードの溜め息を聞いたように思う

  それはもはや若々しいものではなかった



(栞=寄稿:中原昌也、著者解題)



「現代詩手帖」に連載した短詩群。

この連載を企画した編集者は、

第一回が掲載された直後に思潮社を辞めてしまった。

ということは辞めることを決意しつつこの連載を企画したのであろう。

そこには何か意図があるはずだ。

私はこう考えることにした。

この連載は彼が対思潮社に仕掛けた時限爆弾なのだと。

たぶん嫌になることが山ほどあったのだろう。

よしわかった。任せとけ。

私はこの連載をどのタイミングで爆発させるかを考えた。

松本 圭二[マツモト ケイジ]
著・文・その他

内容説明

朔太郎賞受賞作の断裂。「現代詩手帖」に連載した短詩群。

目次

マックを持ち帰る
俊太郎転倒する
ビデオトロンの不可解な命令
志村よ、ボケっとするな
クラムボンに告ぐ
小冊子を腕に巻く異様婦人
アルトオ、僕はね
プロキノ全史
実用ミャオ語入門序文
昭和詩集〔ほか〕