POSSE叢書<br> ブラックバイト - 体育会系経済が日本を滅ぼす (増補版)

個数:

POSSE叢書
ブラックバイト - 体育会系経済が日本を滅ぼす (増補版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月05日 19時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906708734
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0036

出版社内容情報

ブラックなことに慣れたら危険!

おかしいことはおかしい。

精緻な分析と対応法をまとめた学生、親、教育関係者必読の「ブラックバイト」を知る決定版の1冊。 2015年以降の改善事例など収録の第10章を追加した増補版です。

はじめに 003



第1章 ブラックバイトの被害実態 013

大手アパレル店 014

すき家 023

大手一〇〇円ショップ 032

大手コンビニエンスストア 041

第2章 ブラックバイトのパターン 057

A 職場への過剰な組み込み 060

B 最大限安く働かせる 070

C「職場の論理」に従属させる人格的支配 077

第3章 全国アルバイト学生調査結果 083

全国的な問題の広がり 084

労働時間 085

シフトの一方的な増減 090

アルバイト先での不当な扱い 094

経済的な事情 100

第4章 ブラックバイトを生み出す日本の貧困 103

急激に上昇した大学の学費 104

九〇年代後半から大幅に減少した親の年収 107

急増する奨学金受給─ブラックバイトを助長する奨学金制度 109

企業社会統合と教育をめぐる脆弱性 113

日本社会に広がった「私費負担」当然視の感覚 115

「努力主義」がもたらした弊害 117

ヨーロッパとの差異─スキルと資格による「能力証明」 119

アメリカとの差異─私立セクターが異常に大きい日本 121

「貧困ビジネス」と化した奨学金制度 123

経済と教育と個人の関係の構造変動―「債権」にされていく学生 126

「ブラック国家」の構図がブラックバイトを生み出す 128

「親負担による私費負担」と「生まれによる差別」─奨学金が不公正を増幅する 130

第5章 ブラックバイトと教育の変化 133

大学からアルバイトへ─変容する学生の「帰属意識」 134

「やりがい」の付与と「仲間意識」の形成─アルバイトへの帰属を支えるもの 137

教育内容が「空洞化」した戦後教育 139

教職員組合の問題 142

「空洞化による職業準備」、機能不全に陥る教育 143

大学のビジネス化 145

「キャリア教育」に傾倒する大学 147 

「キャリア教育」の恐ろしさ─大学四年間はすべて「就活」のため?! 148

大学教育を蝕み、批判能力を奪う「キャリア教育」 151

中身のない「キャリア教育」からブラックバイトへ 153

「頑張り方」の分からない教育が、学生をブラックバイトに駆り立てる 155

第6章 ブラックバイトと労働の変化 159

ブラックバイトと労働社会の変化 161

「非正規」が「非正規」でいられない時代 178

対立軸が変容する「職場」 190

第7章 ブラックバイトの弊害と定義 197

労働力再生産への弊害と産業の衰退 198

「ブラック企業」への馴致 200

消費者にとっての弊害 202

「ブラック国家」 203

ブラックバイトの定義 206

なぜブラックバイトを学生に限定するのか 208

第8章 ブラックバイトと労働法 211

パターンごとの法律問題 214

解決方法 232

業界全体の改善へ 252

ブラックバイトをなくすための政策 254

第9章 ブラックバイトに立ち向かうユニオン・支援者集団 259

ブラックバイトユニオンの結成 260

全国に広がる学生ユニオンの動き 265

専門家による支援のネットワーク 274

第10章 二〇一五年以降の新たな展望 285

二〇一五年からのポジティブな変化 286

親の干渉 288

学生のあげた成果 296

ブラック部活とのつながり 299

ブラックバイトの論点 302

体育会系経済が日本を滅ぼす 306

これからの取り組み 309



おわりに 312



執筆分担 大内裕和(四、五章)、今野晴貴(一、二、六、七、八、九章)、共同執筆(三章、十章)

大内裕和[オオウチヒロカズ]
中京大学国際教養学部教授。1967年神奈川県生まれ。専門は教育学・教育社会学。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。著書に『奨学金が日本を滅ぼす』(朝日新書、2017年)、『ブラックバイトに騙されるな!』(集英社、2016年)など。

今野晴貴[コンノハルキ]
NPO法人POSSE代表。1983年宮城県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程。著書に『ブラック企業─日本を食いつぶす妖怪』(文春新書、二〇一二年)、『求人詐欺』(幻冬舎新書、二〇一六年)など。受賞歴に第一三回大佛次郎論壇賞、二〇一四年度、日本労働社会学会奨励賞受賞など。