地域アート―美学/制度/日本

個数:
  • ポイントキャンペーン

地域アート―美学/制度/日本

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 452p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906708550
  • NDC分類 704
  • Cコード C0070

内容説明

「地域アート」とは、一体何なのか。多彩な論考で検証する。そこから見えてきた「日本」「制度」「美学」とは。2020年、東京オリンピックへ向けた、これからの「文化」がここから見えてくる。

目次

前衛のゾンビたち―地域アートの諸問題
まちづくりと「地域アート」―「関係性の美学」の日本的文脈
地域に展開する日本のアートプロジェクト:歴史的背景とグローバルな文脈
「地域アート」のその先の芸術―美術の公共性とは何か
Shall We “Ghost Dance”?―ポスト代表制時代の芸術
エステティック・コンディション―美学をかこむ政治や制度
「開かれる」のではなく「閉じられているがゆえに開かれている」―社会とアート
地域アートは現代美術家の“役得”―アーティストは欲張りになれ
日常化したメタ・コンテクスト闘争―「誰でもデュシャン」の時代にどう芸術を成立させるか?

著者等紹介

藤田直哉[フジタナオヤ]
1983年生まれ。SF・文芸評論家。東京工業大学価値システム専攻博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件