亀井静香が吠える―痛快言行録

個数:

亀井静香が吠える―痛快言行録

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年11月18日 00時15分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784906674398
  • NDC分類 310.4
  • Cコード C0095

内容説明

記者クラブと熾烈なバトル。

目次

「喜」の巻 型破りな例えや予想超えた過激発言(郵便局の新事業?に苦情殺到;まじめ記者はくりから紋々を何と言う ほか)
「怒」の巻 恵まれぬ人を守る不動明王(神戸少年事件がなぜか全紙の見出しに―クラブ記者との八番勝負1;悪いのはやじでなく注意か―クラブ記者との八番勝負2 ほか)
「哀」の巻 義理と人情の男にのぞく優しさ(地元中小・零細企業経営者の自殺;夫婦別姓生活の悲しさ ほか)
「楽」の巻 うれしい、楽しい庶民政治家ぶり(閣僚のスキャンダル褒め、番組の思惑を覆す;金融トップは苦学生のまま ほか)

著者等紹介

高橋清隆[タカハシキヨタカ]
1964(昭和39)年新潟県生まれ。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。ローカル新聞記者、公益法人職員などを経て、2005年からフリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。