刑事告発 東京電力―ルポ福島原発事故

個数:

刑事告発 東京電力―ルポ福島原発事故

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906605804
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

目次

第1章 原発事故は「現場取材」さえ拒む(炉心溶融事故、発生;現地取材、断念;放射能雲、首都圏襲来 ほか)
第2章 結論は「刑事告発」だった(拡大する放射能汚染;「ストロンチウム」を知っていますか;隠蔽された「レベル7」 ほか)
第3章 「原発」とそれを「支える者たち」の正体(原発事故が暴いたもの;「言論人」の正体;東京電力に「プレゼン」を要求される ほか)

著者等紹介

明石昇二郎[アカシショウジロウ]
1962年、東京都出身。ルポライター、ルポルタージュ研究所代表。85年、東洋大学社会学部応用社会学科マスコミ学専攻卒業。ルポの対象とするテーマは、原子力発電、食品公害、著作権など多岐にわたる。フリーのテレビディレクターとしても活動し、94年日本テレビ「ニュースプラス1特集 ニッポン紛争地図」で民放連盟賞受賞。2010年「ルポルタージュ研究所」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

福島原発事故の「当事者」が、事故当日から今後の刑事告発&告訴までを記したルポ。学者、文化人、報道機関などを直接取材して「罪」を追及。原発を追って25年以上の著者にしか書けない「真実」。