こういうこと。―終わらない福島原発事故

個数:
  • ポイントキャンペーン

こういうこと。―終わらない福島原発事故

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月25日 09時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 124p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784906605743
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

目次

第1章 福島原発で起こっていること―東京・豊島公会堂での講演会より(広瀬隆)(福島の子どもたちを守りたい;事故は現在進行中;大変な放射能が漏れ出ている;配管が破損している;津波の前に地震で壊れた;なぜ情報を隠すのか;「チェルノブイリの1割」報道;全原発とも「安全停止」不能;津波は「想定外」だったのか;デタラメ発表と受け売り報道 ほか)
第2章 食卓にしのびよる放射能―放射能測定にもとづく報告(鈴木千津子/山崎久隆(たんぽぽ舎))
第3章 子どもたちを守りたい―福島のお母さんたちに聞く(成澤宗男(『週刊金曜日』編集部))

著者等紹介

広瀬隆[ヒロセタカシ]
1943年、東京生まれ。大学卒業後、大手メーカーの技術者を経て、医学書の翻訳に携わったのち執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

広瀬 隆さんが魂を込めて語った講演録。
「原発事故が起これば何も言うまい、話すまいと決めました。でも現地の状況を聞き、矢も盾もたまらず、福島の子どもたちを救うためにお話しすることを決めましたー。」