ボランティアが社会を変える―支え合いの実践知

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784906438785
  • NDC分類 369
  • Cコード C0036

内容説明

阪神大震災から11年―その後も中越震災、台湾、トルコ、イラン、アフガニスタン、スマトラ沖での震災など、様々な支援活動に従事し続けた著者たちによる、現在日本社会におけるボランティア活動の根源に迫る書。

目次

第1章 阪神大震災を通して自己の可能性を見つける―人と人とが向き合うなかでの私(大震災のインパクト、一人の個人として;あの瞬間、1995年1月17日 ほか)
第2章 障害者自立支援の実践論に向かって(救援から活動へ;支援の論理 ほか)
第3章 たった一人を大切に―かけがえのないボランティアたち(NGOの世界にはまりこむ;「ボランティア元年」の主役 ほか)
解説 「一人の人として」をめざす支援の実践知(神戸の被災者支援の総括の原点;草地賢一さん、黒田裕子さん、大賀重太郎さん、村井雅清さんとの出会い ほか)

著者等紹介

柳田邦男[ヤナギダクニオ]
ノンフィクション作家、評論家。1936年栃木県生まれ。1960年東京大学経済学部卒業。NHK記者を14年務めた後、作家活動に入る。現代人の命の危機をテーマに、戦争、災害、事故、公害、事件、病気と医療に関するドキュメンタリーな作品や評論を書き続けている。近年は、終末期医療、脳死問題、医療事故などについて積極的に発言するとともに、言葉や絵本や心の問題についても熱い語りかけをしている

黒田裕子[クロダヒロコ]
宝塚市立病院看護部勤務。同副総看護師長。宝塚市老人保健施設設立準備室勤務の後、平成7年阪神・淡路大震災後、震災ボランティア活動のため宝塚市立病院を退職。以降、新潟中越地震、スマトラ島沖地震等の国内外の災害時支援活動に尽力。阪神高齢者・障害者支援ネットワーク理事長。「しみん募金・KOBE」理事長。日本ホスピス・在宅ケア研究会副理事長。平成10年神戸新聞社会賞、平成17年朝日社会福祉賞、兵庫県功労賞受賞

大賀重太郎[オオガジュウタロウ]
1951年兵庫県生まれ。1972年から障害者問題に出会い、青い芝の会運動等と共同。1976年から全国障害者解放運動連絡会議(全障害)事務局。1981年障害者問題を考える兵庫県連絡会議に参加。1995年に被災地障害者センターを発足、1999年にNPO法人となり事務局長を経て専務理事。2005年拓人こうべに名称変更。NPO法人姫路自立生活支援センター副理事長。社会福祉法人えんぴつの家評議員他

村井雅清[ムライマサキヨ]
阪神・淡路大震災後、「ちびくろ救援ぐるうぷ」(現「ぐるうぷ“えん”」)代表として救援活動に取り組む一方、「阪神・淡路大震災『仮設』支援NGO連絡会」(現:被災地NGO協働センター)の代表となり現在に至る。また、国内外の災害に対する支援活動に取り組み、海外では過去34回にわたってコーディネーター役を務める。「CODE海外災害援助市民センター」理事・事務局長、「震災がつなぐ全国ネットワーク」代表、「しみん募金・KOBE」副理事長など

似田貝香門[ニタガイカモン]
1943年東京生。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

霜月無二

0
ゼミで扱った最初の文献。東日本大震災を考える前に、阪神淡路大震災に立ち返る。ここから得られる知見は、東日本大震災がこれまでのどの災害と一線を画していようと、有益である。結局、人を救うには、一人一人を見るしかないのだ。なんとなく「被災者」というくくりでくくって対応するのではなく、○○さん、△△さん、と個別に対応する。行政の出来ない事を片っ端から行った神戸でのボランティア。現在ボランティアはシステム化し行政に近い融通の利かなさを持ってしまったが、これを機に、またボランティアのしなやかさを取り戻すべきだと感じた2011/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1195801

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。