旧約聖書を推理する―本当は誰が書いたか

個数:

旧約聖書を推理する―本当は誰が書いたか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 355p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906165285
  • NDC分類 193.1
  • Cコード C0014

目次

第1章 聖書を生んだ世界(BC1200~722)
第2章 J文書とE文書
第3章 二つの王国、二人の作者
第4章 聖書を生んだ世界(BC722~587)
第5章 ヨシヤ王の宮中
第6章 D文書
第7章 捕囚の祭司
第8章 聖書を生んだ世界(BC587~400)
第9章 華麗なミステーク
第10章 聖なるテント
第10章 P文書
第12章 ヒゼキヤ王の宮中
第13章 大いなる皮肉
第14章 聖書が生んだ世界

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koning

26
某社会学者様のやっつけ仕事のネタ元ということで読んでみた。若干古いとは言え(まだ訳文のベースが口語訳だったりする)本文批評による旧約の分析という20世紀の聖書学の(旧約部分の)流れがわかる本。そういう意味でこっちは図書館の書庫にあるなら借りて読んでおいて損はないと思う(つか、在庫あるんですかね)。あとはトヴの本の和訳でも出ればそっちをお勧めしたいとこだったり。2015/05/22

みか

2
聖書研究書です。聖書に関して予備知識が大いに必要です。「創世記」、「出エジプト記」、「レビ記」、「民数記」、「申命記」の5作品はモーセ五書と呼ばれています。このモーセ五書を「本当は誰が書いたか」をテーマに丹念に丹念に読みすすめていきます。これこそテクスト分析であり、その作業工程を読むのは一流のミステリに値する面白さです。また知的好奇心が満たされるだけでなく、ユダヤ民族の歴史を知り、聖書が生まれた理由まで学ぶことができます。本書読了後に、再び聖書を読むことをオススメします。2008/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1827464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。