対訳J.S.バッハ声楽全集

対訳J.S.バッハ声楽全集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 569p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784905849810
  • NDC分類 767.08
  • Cコード C0073

内容説明

バッハの声楽曲の全訳、文脈を的確に把握した、わかりやすい口語調。文脈を損なわずに短くまとめ、語りにリズムも抑揚もよく、まるでオリジナルが日本語であるかの錯覚すら覚えさせる。

目次

教会カンタータ
世俗カンタータ
モテット
ミサ/マニフィカート
受難曲/オラトリオ
付録(教会暦と福音書章句;宗教曲用語集)

著者等紹介

若林敦盛[ワカバヤシアツモリ]
1978年山梨に生まれる。1996年東北大学混声合唱団、翌年仙台宗教音楽合唱団に入団。両団の指揮者である声楽家佐々木正利の指導により宗教曲に触れる。仙台宗教音楽合唱団で2000年の演奏会より対訳を担当。以後、バッハのカンタータ、受難曲などドイツ語の作品の対訳を多数作成。2005年2月、P.シュライアー指揮オーケストラ・アンサンブル金沢のJ.S.バッハ『マタイ受難曲』演奏会にて対訳、字幕を担当するなど他の合唱団にも練習用を含めさまざまな機会に対訳を提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。