ドイツ高速鉄道脱線事故の真相―技術者の責任論から

個数:

ドイツ高速鉄道脱線事故の真相―技術者の責任論から

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784905849421
  • NDC分類 686.7
  • Cコード C3053

内容説明

1998年6月、ドイツで死者101人、負傷者105人を出す未曾有の列車事故が起こる。その責任を問うドイツの刑事裁判において、専門鑑定人に選ばれ出廷した著者が、この事故の原因を金属疲労や破壊力学等、様々な見地から追究する。鉄道技術者のみならず機械・構造物の設計開発・保守点検等に携わる技術者や機械工学を学ぶ学生必携の書。

目次

ICE脱線事故の概要
ゴム弾性車輪の導入の歴史
技術者の責任
LBFレポート(応力解析と疲労強度評価)
諸外国の専門鑑定人の応力解析
疲労損傷値による強度評価
フレッティング疲労
ゴム弾性車輪の疲労強度
破壊力学による研究
超音波探傷
車輪タイヤの破壊原因
結審

著者等紹介

平川賢爾[ヒラカワケンジ]
1936年大分県生まれ。京都大学大学院工学研究科航空工学専攻修士課程修了、現在、九州職業能力開発大学校校長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。