夢二外遊記―竹久夢二遺録 (復刊)

個数:
  • ポイントキャンペーン

夢二外遊記―竹久夢二遺録 (復刊)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 10時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 231p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784905706854
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0071

内容説明

晩年の夢二が欧米外遊中に書き記した日記、スケッチ、随筆等をまとめ、昭和20年に限定200部非売品として発刊された貴重な一冊。新字新かなによる復刊。

目次

第1部 日記帳、スケッチ帖から
第2部(島をたつ;手紙・断章;日本の同胞へ寄す;旅をする人はみんな好い人です;サンフランシスコの花嫁;東行国際列車;滞欧画信;望春;島へ帰りつく;旅中備忘録)

著者等紹介

竹久夢二[タケヒサユメジ]
1884年、岡山県生まれ。「夢二式美人画」で知られる大正浪漫を代表する画家。絵画、デザインのほか、詩や俳句、短歌、童話、歌曲の作詞など、文筆作品も数多く残した。書籍の装幀や広告宣伝物、日用雑貨などのデザインも手掛けた、グラフィックデザインの草分けの一人でもある。1931年から1933年にかけて欧米に滞在し、帰国後1934年に没

長田幹雄[ナガタミキオ]
1905年、長野県生まれ。岩波書店に入り、のちに取締役となる。竹久夢二の研究家。1997年没

竹久みなみ[タケヒサミナミ]
1933年、東京都生まれ。竹久夢二の孫。父、虹之助の染色を手伝い、絵の勉強を始める。目白・ギャラリーゆめじにて竹久三人展などを開き、染色家として活躍。山形県酒田市の竹久夢二美術館名誉館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。