ヴォーカルはいつも最高だ!―武田流アナログで聴くヴォーカルの愛し方

個数:

ヴォーカルはいつも最高だ!―武田流アナログで聴くヴォーカルの愛し方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月23日 16時03分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784905447443
  • NDC分類 764.7

内容説明

『ジャズ批評』の人気コラムが単行本になりました!美麗ジャケット134枚をカラーで紹介!

目次

1(心を救った、桜色の10インチ―オータム・イン・ニューヨーク/ジョー・スタッフォード;彼女は聴くたびに心を乱す、美しい魔女だ―バチェラー・パラダイス/アン・マーグレット;まともな僕を愚かにする、ローラはいつも麗しい―ドリームスヴィル/ローラ・アルブライト;いくら嫉妬に狂っても、彼女の今は知りたくない―イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー/キャシー・ヘイズ;超どマイナーレーベルにだって、こんな綺麗な花が咲く―ナイティ・ナイト/ナンシー・スティール ほか)
2(この世で最も麗しいビブラート―ランデヴー・ウィズ・ペギー・リー/ザ・マン・アイ・ラヴ/ラテン・アラ・リー!/ペギー・リー;ちょっとピアニストの話を―メイク・ザ・マン・ラヴ・ミー/ジョイ・ブライアン;猛牛おばさんは凄い―レイト・デイト・ウィズ・ルース・ブラウン/ルース・ブラウン;とびきりのハスキー・ヴォイス―ヒー・ラヴズ・ミー、ヒー・ラヴズ・ミー・ノット/クリス・コナー;侮れない、ポップ・シンガーのスタンダード―ホワッツ・ニュー/リンダ・ロンシュタット ほか)

著者紹介

武田清一[タケダセイイチ]
1950年、岩手県生まれ。60年代後半に、中学の後輩、忌野清志郎や小林和生らとRCサクセションの前身である「The Remainders of The Clover」を結成。その後、「ストロベリー・クリーム」を経て、榊原尚美、中村幸雄らと「日暮し」を結成。東京・国立市にあるヴォーカル喫茶・Caf´eSings店主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件