スマートサイジング―価値あるものを探す人生

個数:

スマートサイジング―価値あるものを探す人生

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月14日 04時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905447191
  • NDC分類 159
  • Cコード C0098

内容説明

もう、お金のために生きるのはやめました。全米で静かな感動を呼んでいるタミーとローガンが手にしたちいさな暮らしと豊かな日々。

目次

プロローグ 「ふつう」を見直そう
1 モノと幸せの矛盾した関係(モノを買っても幸せにはなれない;「人がモノを」ではなく「モノが人を」支配している)
2 シンプルライフで幸せになる(モノとの付き合い方を変える;借金の底力;売れるモノは売り、残りは寄付する;小さな家の喜び;仕事を見つめ直す)
3 幸せを買う(時間こそ本当の豊かさ;お金VS経験;大切なのはモノではなく「人とのつながり」;コミュニティとつながる秘訣;小さな喜びが持つ力)
エピローグ 愛すべきはモノではなく「生活」

著者等紹介

ストローベル,タミー[ストローベル,タミー] [Strobel,Tammy]
ライター。2007年終わりからブログを開設し、自身のシンプルライフや体験談を公開している。その取り組みは、これまで『ニューヨーク・タイムズ』『USAトゥデイ』などの新聞、『トゥデイ』やCNN、MSNBCなどのテレビ番組をはじめ、さまざまなメディアで特集されている

増田沙奈[マスダサナ]
1986年生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふ~@豆板醤

24
5!!考え方の一つとして参考にしたいことが沢山。過去のものを容赦なく整理してみようかな。。「お金で幸せは買える。でも本当に大切なのは、「何にお金を使うのか」ということ」「ワンイン・ワンアウト」「人生を変えたいと思うなら、今始めなさい。そして、派手にやりなさい。他に道はない」「生活はシンプルに、考え方は大胆に」2018/02/19

kubottar

22
アメリカ人はモノの奴隷になっている状態という表現には同感した。もちろん消費大国日本も同じことかもしれない。しばらく前に、タンスの中に眠っている2,3年以上着ていない服を全てリサイクルボックスに寄付したらものすごく気持ちが良かった。モノを捨てたら逆に人間の内面が満たされるのかもしれない。2016/01/23

藍色

20
明日が返却期限なので一気に読みました(^◇^;)「モノの役割はあなたを助け、幸せにすることのはずだ。もしそうでないとすれば、あなたはモノに使われていることになってしまう」という文章が心に刺さりました。モノはたくさんあるほどいい、モノをたくさん消費すれば誇らしい気持ちになる、という文化では、果てしなくモノを求めてしまうという。確かに、それでは一体いつ幸せを感じられるのか。果てなき欲をコントロールしながら、好きなモノだけに囲まれた生活を目指したいものだ。簡単ではないけど少しずつでも。2019/06/10

majiro

17
ステキだ〜。やっぱさー、こういう本って、うまくいかない様子とか、悩んだりしているところに共感があるよね!日々できるスキルアップは、心がけよう。2017/03/01

アカツキ

14
ミニマリズムを実践する中で車を手放して小さな家に住む選択をした著者の体験談と、ミニマリズムを実践している人たちの話。夫婦の話し合いや衝突も含めて生き生きと書かれていて面白かった。使わない物は無駄と切り捨てるのではなく、自分に合ったミニマリズムを形作るよう勧める柔軟さが心地良く、スモールアクションとして実践に役立つアイデアがあれこれ書かれているのも良いところ。100個チャレンジは思わずやってみたくなった。2022/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7374537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。