追跡ルポルタージュ少年たちの未来<br> もうひとつの道―競争から共生へ

個数:

追跡ルポルタージュ少年たちの未来
もうひとつの道―競争から共生へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 382p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905447061
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0095

内容説明

どうしたら、子どもたちが目を輝かせるような教育ができるのか。シュタイナー教育をはじめとする新たな教育実践の現場から見えてくる、日本の学校教育に決定的に欠けていたもの。子どもたちの未来を取り戻す“再生の鍵”とは何なのか。

目次

第1章 シュタイナー学校四年B組
第2章 なぜシュタイナーなのか
第3章 広瀬家のシュタイナー教育
第4章 日本でもシュタイナー教育
第5章 保育所は大人の学校
第6章 競争から共生の時代へ

著者等紹介

横川和夫[ヨコカワカズオ]
1937年、小樽市生まれ。60年、共同通信社入社。72年に文部省(現文科省)を担当して学校教育のあり方に疑問を感じ、教育問題、学校や家庭から疎外された少年少女、さらには家族の問題を中心に、日本社会の矛盾が表出する現場を一貫して追い続けてきた。論説兼編集委員を経て現在はフリー・ジャーナリスト。「仮面の家 先生夫婦はなぜ息子を殺したのか」(共同通信社刊)では93年度日本新聞協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。