ハンセン病絶対隔離政策と日本社会―無らい県運動の研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハンセン病絶対隔離政策と日本社会―無らい県運動の研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 313p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784905421559
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C3021

目次

1 無らい県運動とは(強制隔離政策と人権;無らい県運動の概要と研究の課題;戦後の無らい県運動について;無らい県運動と絶対隔離論者のハンセン病観;ハンセン病患者・家族の生存権と社会政策;無らい県運動と宗教;救らい思想と無らい県運動;療養所の資料に見る患者受け入れの実態;声を聞く物の倫理―無らい県運動と日本社会;差別の責任―無らい県運動と障害者差別解消法)
2 無らい県運動の実際―地域の具体像(熊本県における無らい県運動の展開;戦後の無らい県運動と菊池事件;熊本県における「らい予防事業」と戦後の無らい県運動;無らい県運動と教育―竜田寮事件を中心として;無らい県運動が非入所者・家族に与えた影響―鳥取非入所者遺族の被害事例から;愛知県の無らい運動;市町村における無らい県運動―和歌山県湯の峰温泉の動きから)