わが社の「つまらん!」を変える本<br> 社内研修が「つまらん!」―“集団力”はどこへ消えた?

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

わが社の「つまらん!」を変える本
社内研修が「つまらん!」―“集団力”はどこへ消えた?

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年05月18日 16時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 106p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905369844
  • NDC分類 336.47
  • Cコード C0334

内容説明

日本企業における研修で大切なのは、戦略やビジネスモデルではない。集団としての“動き”であることを物語形式で解説。舞台は愛知県にある従業員数400名、年間売上高200億円のメカトロ部品メーカー。技術レベルは高く、取引先は米国の航空機メーカーや国内の産業用ロボットメーカーなど。売り上げはやや持ち直してきているが、新興国メーカーの低価格品に押され売上、利益とも頭打ちになっている。また、国内の産業用ロボットメーカーの量産機種が新興国メーカーに押され、取引量が大きく落ち込んでいる。既存事業の回復に向けての改革と、新製品、新事業開発が大きな課題だ。4人の人材開発部の物語。

目次

1 集団力で世界に勝つ!(「この忙しい中、また研修か!」;個人力を高めるだけではダメだ! ほか)
2 四つの集団力を高める!(集団力って何だ?;進化・変化で勝つための集団力 ほか)
3 事業の増収増益に直結させる!(だめだ、“場”とサークルが消えてしまった!;たしかに、組織が硬直化している ほか)
4 “動き”を差別化する!(頭で理解しても“動き”にはならない;“動き”の差別化 ほか)
ディスカッション―組織力の高め方(電子紙芝居の意味;研修の迫力 ほか)

著者等紹介

水島温夫[ミズシマアツオ]
東京都出身。慶應義塾大学機械工学修士、米国スタンフォード大学化学工学修士および土木工学修士。石川島播磨重工業株式会社、株式会社三菱総合研究所を経て、フィフティ・アワーズを成立、代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。