言視ブックス<br> 東京の「年輪」発掘散歩―旧街道ごとにたどる大都市の「境界」

個数:
  • ポイントキャンペーン

言視ブックス
東京の「年輪」発掘散歩―旧街道ごとにたどる大都市の「境界」

  • 川副 秀樹【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 言視舎(2013/05発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 02時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784905369608
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0325

内容説明

旧街道を再発見しながら、あやしい(?)東京と江戸の跡をめぐる小さな旅。膨張しつづけた大都市の痕跡を追い求め、意外な近所に眠る庶民の隠れた歴史を感じる。

目次

第1章 年輪の核を探る(江戸の基礎ができるまで;最初の年輪・外堀と見附 ほか)
第2章 東海道の年輪を探る(高輪大木戸と東海道裏道;旧東海道の生・性・聖 ほか)
第3章 甲州街道の年輪を探る(桜田門、半蔵門から四谷大木戸へ;内藤新宿・飯盛女・追分 ほか)
第4章 中山道の年輪を探る(筋違御門から旧中山道へ;板橋宿・木曾路への入口 ほか)
第5章 日光・奥州街道の年輪を探る(江戸の聖域と賎域;北部に集中する悪文化 ほか)

著者等紹介

川副秀樹[カワゾエヒデキ]
1949年生。中央大学経済学部卒。G・デザイン事務所経営を経て現在、著作・編集業・民俗学研究者。’03~「東京都高尾パークボランティア会」会員。’06~神職の体験及び研究を開始。’11~「古文書の会」(武蔵野市)会員。ベランダのプランターで古代米を栽培し、メダカを飼育。飯縄信仰をはじめとする庶民信仰の研究をライフワークとする。また、’50~’60年代の黒人音楽(Soul Music、R&B)に造詣が深く自らもグループを組み、年数回の演奏活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rbyawa

0
d100、東京街歩きや地形系の一貫じゃないのかな? 正直「言視」という聞きなれない物々しい単語に一瞬怯んだが、内容はだいぶ軽かったように思う。というより江戸探索のわりにノスタルジー色薄め、神社仏閣が縁の場所を締め切っているとか、賽銭箱が塞がれて賽銭泥棒への注意喚起がされているとか、石を削って薬にするのを止めたのは現代では賢明、という程度の軽い揶揄くらいかなぁ。まあさすがに寂しいね、それは。東海道甲州街道よりは他の街道のほうが面白かった、板橋宿のミーハーっぷりにさすがに笑う、なんでお岩さんと高尾太夫だよww2013/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6750529
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。