吉祥寺 横丁の逆襲―“街遊び”が10倍楽しくなる本

個数:

吉祥寺 横丁の逆襲―“街遊び”が10倍楽しくなる本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 06時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905369172
  • NDC分類 672.136
  • Cコード C0036

内容説明

「住んでみたい街ナンバーワン」の真実。ビジネスストーリー、闇市の記憶、都市計画、人物、ジャズ、酒場、そして本物の名店…街の深部にはこんなにも豊かなドラマがあった。

目次

第1章 横丁への旅(ハモニカ横丁に激震が走った―手塚一郎氏の挑戦;ハモニカ横丁二代目、三代目の挑戦;そこは独特な闇市だった;大通りと横丁の結び目で行列ができる)
第2章 中心市街地は横丁をつくりだした(それは吉祥寺の再開発から始まった;街に湿り気をもたらす社交飲食業;“近鉄裏”で新しい居酒屋文化を作る)
第3章 吉祥寺文化が熱をおびていた(ジャズシティ吉祥寺の時代;フォークやロック、シャンソンも元気だった;映画と写真の街)
第4章 吉祥寺のいたるところに横丁はある(南口界隈の横丁物語;吉祥寺には喫茶店文化があった;“東急百貨店裏”でも横丁が元気だ;中心街を少し離れて)
第5章 吉祥寺“再活性化”はなるか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

7
吉祥寺のハモニカ横丁での取り組みの紹介が中心ですが、吉祥寺近辺のお店ガイドブックとしても活用できます。さとうのメンチカツが食べたくなりました。2016/09/16

Kaz

2
ハーモニカ横丁は、吉祥寺だけでなく東京の財産。全国の横丁よ、酒を愛する者どもよ、永遠なれ!2016/04/22

マヌタ

1
吉祥寺に馴染みのある人間にとっては、その歴史から現在の各店舗までを紹介してくれる最適な1冊。ただ10年近く前の本なので、コロナ禍の激動により吉祥寺そのものの様相はだいぶ変わってしまった。更新が必要かもしれない。ジャズ、コーヒー、映画など連綿と続く文化的土壌には納得する。2022/05/04

mos

0
吉祥寺を作った人々。当時の卵屋さんのインパクトは未だに。2019/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4335237
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。