悟りの書―いろはの研究

個数:

悟りの書―いろはの研究

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 717p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784905194224
  • NDC分類 811.5
  • Cコード C3014

内容説明

人類がかつて持っていた共通のことば、共通の思想、共通の神、そして共通の願いは何であったのか。日本語は、地理的関係に護られて、独自の古い形のものを有している。自然と共に生き、人を敬い、物を大切にする心が言葉の中に込められ、語り継がれてきた。「いろは」の研究を通し、人類の根本思想と真理を明らかにする。

目次

「立願」の章
「阿字観」の章
「古今に通ずる思想」の章
「始祖の誕生」の章
「三皇の道」の章
「人生」の章
「続人生」の章―「親と子とこころ」
「こえとことば」の章
「UOA」の章
「霊と魂」の章
「進化論」の章
「かみ」の章
「信仰」の章
「信仰儀禮」の章
「神語」の章

著者等紹介

藤野鸞丈[フジノランジョウ]
明治36(1903)~昭和47(1972)香川県小豆島出身

照下忠[テルシタタダシ]
神下修壽。昭和15(1940)~平成18(2006)香川県小豆島出身。早稲田大学第一政治経済学部卒。就職をするが東京オリンピック開催の日1964年10月10日に退職し事業を起こす。以来飲食店をはじめ10社以上の関連会社を立ち上げる。特に自然食レストラン「自然館」では女性の栄養士だけの経営と教育に力を入れる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。