ボードゲームデザイナーガイドブック―ボードゲームデザイナーを目指す人への実践的なアドバイス

個数:

ボードゲームデザイナーガイドブック―ボードゲームデザイナーを目指す人への実践的なアドバイス

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 06時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905158547
  • NDC分類 589.7
  • Cコード C0076

出版社内容情報

ボードゲーム デザイナーのための実用的なアドバイス本。幾度もの改定版が刊行され、他言語にも翻訳されている世界的なロングセラ…「ドイツ年間ゲーム大賞」の設立メンバーのひとりであり、ドイツ・ボードゲーム界の第一人者であるトム・ヴェルネックによる、ボードゲーム デザイナーのための実用的なアドバイス本。

幾度もの改定版が刊行され、他言語にも翻訳されている本書は、世界的なロングセラーとして知られている。著者の30年にわたる経験にもとづいた価値あるヒント、具体的なノウハウが満載。



本書は、ドイツのボードゲームジャーナリストが著したゲームデザイナーのためのガイドブックで、デザインから製品化までをトータルにサポートしている。ボードゲームを作ってみたいと考えている初心者から、「ゲームマーケット」に何度も出展しているようなベテランまで、個々の才能を十二分に発揮し、コストパフォーマンスよくボードゲームを製作販売できるようになるためのヒントを与えてくれる。(訳者まえがき より)

トム・ヴェルネック[トム ヴェルネック]
著・文・その他

小野卓也[オノ タクヤ]
翻訳

内容説明

「ドイツ年間ゲーム大賞」の設立メンバーのひとりであり、ドイツ・ボードゲーム界の第一人者による、ボードゲームデザイナーのための実用的なアドバイス本。幾度もの改定版が刊行され、他言語にも翻訳されている本書は、世界的なロングセラーとして知られている。著書の30年にわたる経験にもとづいた価値あるヒント、具体的なノウハウが満載。

目次

デザイナーの運命 その1 なぜ間違ってしまうのか
あなたのアイデアにチャンスを!
用語の説明―これ以降、各用語が同じものを意味するために
「ゲーム」とは何か?
何がボードゲームを良くするか?
どのようにして新しいボードゲームを「発明」するか?
成功する見込みはあるのか?
どのようにして、アイデアから見せられるものにするか?―作品
アイデアは紙から:ゲームのルール
チェック段階における試作品とルール―ゲームをテストプレイする〔ほか〕

著者等紹介

ヴェルネック,トム[ヴェルネック,トム] [Werneck,Tom]
ボードゲームのエキスパート。ドイツのボードゲーム評論の第一人者である。「ドイツ年間ゲーム大賞」の設立メンバーで、「ドイツ・ボードゲーム・アーカイブ」の設立協力者、「バイエルン・ボードゲーム・アーカイブ・ハール」の所長を務める。『ディー・ツァイト』紙、『フランクフルター・ルンドシャウ』紙のコラムでも知られている。40作以上のボードゲームを開発した経験から、ゲームデザイナーの問題を熟知しており、ボードゲームに関する本を多数著し、これまでの著作の累計発行部数は、数百万部におよぶ

小野卓也[オノタクヤ]
ボードゲームジャーナリスト。国内最大のボードゲーム情報サイト「Table Games in the World」でニュースやレビューを発信する。専門誌、雑誌、新聞などでの執筆も多数。ボードゲームのマニュアルの翻訳も多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Gamemaker_K

3
ボードゲームのデザインが、他の「創造」に何か参考になるかなと思って読んでみた。仕事もボードゲームみたいなもんだからな。・・・ボードゲーム作成においては、ゲームそのものの楽しさだけじゃなくて、ゲームやってるシーン全体をデザインする必要があると思うんですよ。そういう意味では人生ゲームなんてとんでもないゲームだよね。2018/08/19

桔梗屋

3
ドイツゲーム評論の第一人者による、ボードゲームデザイナーを志す人達への実戦的アドバイス。143ページ以降は、ドイツの現況に沿った持ち込みから生産、発売までの話なので、ここカットしてもっと安くしてくれよ…と思わなくもなかったが、前半はデザイナー、パブリッシャーともに役に立ちそうな内容。作ってるうちに陥りそうな罠だとか、クオリティをチェックする際に心がけるべきこととか…作る方にも評価する方にも経験豊かな人が書いているので、とても説得力がある。いっそ、日本の実情に合わせて後半を誰か書いて共著にすればいいのに…2018/06/02

ホワイトスター

2
ボードゲームの制作に興味を持ち、読み始めました。ボードゲームを作る時に気を付ける点や、テストプレイの方法など、参考になることが凝縮されていました。ただし法律関係に関しては、ドイツの事情だったので、国内(日本)で役立つか微妙です。2021/03/22

木倉兵馬

2
カタン、あやつり人形、サイズ大鎌戦役、枯山水など各種ボードゲーム、アナログゲームに興味があり、だんだんと自分でも作ってみたいと思って読んでみました。今からトレーディングカードゲームの開発で成功するのは難しい、アイディア被りを恐れることはない、しかし焼き直しはだめ、などなどいろいろと興味深い話がありましたけれども、一番に大事なのはテストプレイだそうです。問題はプレイしてくれる人を探すことですけれども、ボードゲームカフェならテストプレイヤーを探せるでしょうか……。2018/12/18

kisou

1
ボードゲーム制作の時に一番最初にお世話になった本。 人間に取って、どういう悩みが面白くて、何がつまらないのか。 そこをはっきりさせていくと、ゲームシステムも洗練されるはず。 引き続き読み返そうと思う。2019/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12813862

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。