バイオエピステモロジー

個数:

バイオエピステモロジー

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904701430
  • NDC分類 461.1
  • Cコード C0010

内容説明

科学哲学の“いきものがかり”ついに登場!「機械論vs生気論」論争の最終回答を提示。鍵は、熱力学第二法則を脱神話化することだった。

目次

第1章 なぜいま、バイオエピステモロジーか
第2章 十九世紀ドイツ生物学―力学的解釈の貫徹
第3章 現代自然哲学の特異点としてのハンス・ドリーシュ
第4章 ダーウィンは合目的性を説明したか―自然選択説=エーテル論
第5章 「薄い機械論」と、熱力学第二法則問題=ブリンカー論
第6章 「C象限の自然」の再発見
第7章 彼岸としての抽象生物学―バイオエピステモロジーから対岸に向けて

著者等紹介

米本昌平[ヨネモトショウヘイ]
1946年愛知県に生まれる。1972年京都大学理学部(生物科学専攻)卒業。証券会社入社。1976年三菱化成生命科学研究所入所。2002年(株)科学技術文明研究所長。2007年同所定年退職。7月東京大学先端科学技術研究センター・特任教授。2012年東京大学教養学部客員教授。専攻、科学史・科学論。主要著作『遺伝管理社会』(弘文堂、1989年度毎日出版文化賞受賞)『知政学のすすめ』(中公叢書、1999年度吉野作造賞受賞)『バイオポリティクス』(中公新書、2007年度科学ジャーナリスト賞受賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件