バーチャルリアリティ学

個数:

バーチャルリアリティ学

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2021年09月26日 09時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 384p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784904490051
  • NDC分類 548
  • Cコード C3004

目次

第1章 バーチャルリアリティとは
第2章 ヒトと感覚
第3章 バーチャルリアリティ・インタフェース
第4章 バーチャル世界の構成手法
第5章 リアルとバーチャルの融合―複合現実感
第6章 テレイグジスタンスと臨場感コミュニケーション
第7章 VRコンテンツ
第8章 VRと社会

著者等紹介

舘〓[タチススム]
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

佐藤誠[サトウマコト]
東京工業大学精密工学研究所

廣瀬通孝[ヒロセミチタカ]
東京大学大学院情報理工学系研究科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

大道寺

4
VR技術者認定試験の教科書だったので読んだ。バーチャルリアリティとはそもそも何なのかから始まり、人間の感覚について、入出力のインタフェースについて、バーチャル世界の作り方について、社会との関りについて、と、1個の人間を起点にしてだんだん論じる対象が広くなっていく感じ。人間の感覚については神経科学関連、バーチャルリアリティとは何かということについては哲学関連の書籍を思い出しながら読んだ。(1/3)2019/12/20

tsq

0
ざっと流し読み2017/12/24

臓物ちゃん

0
VRMMORPGものでも書こうかなーと思って読んだけど、すげぇちゃんとした学門でビビる。いろいろ深まった。2014/03/16

オシム

0
VRについて知見を深めようと手に取った。VRについてというより、VRを起点としてバックグラウンドは何か、どういった技術が使われているか、臨場感をなぜ感じるかなどの周辺知識を補い業界を広く見渡すような1冊。学術的な本なので様々な用語が飛び交う。流し読みしただけなので、十分に理解できていない個所もあるが、「VR」業界の広さを知った。2020/01/07

Hidetoshi Kobayashi

0
興味深い内容だけをつまみ食いして読了2018/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2095043

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。