新編 生命の實相〈第17巻〉霊界篇 霊界と死後の生活〈中〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904414408
  • NDC分類 169.1
  • Cコード C0314

内容説明

高級霊ヴェッテリニと高級霊マグナッセンの父とが語る霊界の真実!

目次

第1章 差別心より観たる霊界の消息(承前)(善き霊的放射は霊魂の進化を助く;前生の記憶;霊魂と微生物;霊魂と疲労と休憩;天人の五衰 ほか)
第2章 平等心より観たる霊界の消息(霊魂と外国語;自動書記現象の光景;霊界の神秘;霊の超時空性;テーブル通信の光景 ほか)

著者等紹介

谷口雅春[タニグチマサハル]
明治26年11月22日、神戸市に生まれる。大正元年、早稲田大学文学部英文科に進む。大正3年に中退。その後、真の神を求める求道生活を続け、遂に「人間・神の子、現象無し」の啓示を受ける。昭和5年に個人雑誌「生長の家」誌を創刊。「神一元、中心帰一、万教帰一」の「唯神実相論」を奔流のごとき勢いで展開し、病気や人生苦に悩む多くの人々に奇蹟をもたらした。同誌の普及とともに、生長の家人類光明化運動、日本国実相顕現運動へと発展。著者の「唯神実相論」は、昭和期から今日まで、多くの宗教家、政治家、経済人、文化人に多大の影響を及ぼし続けている。昭和60年6月17日、満91歳にて昇天(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。