中井久夫と考える患者シリーズ<br> 統合失調症は癒える

個数:

中井久夫と考える患者シリーズ
統合失調症は癒える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月21日 17時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904380543
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3047

出版社内容情報

中井久夫と考える患者が読み解く"治療と治療関係"に焦点をあてた統合失調症の手引書、第3弾!
第1巻『統合失調症をたどる』第2巻『統合失調症をほどく』に続き、中井久夫のテキストを"考える患者たち"が読み解くシリーズ第3巻。

中井は、「自然治癒力への信頼と自己尊厳の回復」こそが治療を貫いてもっとも必要なものと考え、回復過程では、患者の自己尊厳を確立し、「心のうぶ毛」とも言うべき患者の感受性を大事にした。患者とその家族の心理を鋭く深く洞察した言葉は、治療に信頼と希望を与え続けている。

治療者として患者に向き合う真摯な姿勢からはじまって、初診時、急性期、入院時、薬を処方する時、ゆとりを失っている時、回復途上にある時など、さまざまな場面において、どのような配慮と言葉が患者とその家族に響き、共同作業として相互信頼に基づく治療関係を築いてゆけるのか。

治療と治療関係をテーマに、回復と希望へ導く言葉を中井と患者が一緒に探っていく。

目次

第1章 統合失調症は癒える(中井久夫)(説き語り 回復への信頼と希望(中井久夫×森越まや)
治療者へ 若干の原則的な提言 ほか)
第2章 統合失調症の経験(考える患者)
第3章 統合失調症の治療(中井久夫)(治療の目安としての症状;精神療法 ほか)
第4章 信頼と希望を育む治療関係(中井久夫;考える患者)(信頼と希望の土台となるもの;はじめて出会うとき ほか)
解説 私の精神科医療への取り組みと中井久夫(近藤廉治)

著者等紹介

中井久夫[ナカイヒサオ]
1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。文学、詩、絵本など幅広い分野で、英語、ギリシア語、フランス語、ドイツ語などの翻訳書がある。2013年文化功労者に選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件