白い病気/マクロプロスの秘密―カレル・チャペック戯曲集〈2〉

個数:

白い病気/マクロプロスの秘密―カレル・チャペック戯曲集〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 17時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 353p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784904153147
  • NDC分類 989.52
  • Cコード C0097

内容説明

パンデミック!―そして、その先は??1937年の作品です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

72
カレル・チャペックのなんとも風刺的な二つの戯曲。「白い病気」自分が出世し権力を得るための手段として戦争を引き起こし、平和を忌み嫌う利己的な権力者たちと、彼らと立ち向かうガレーン医師の孤独な戦い。それがテーマなのだが、白い病気をめぐっての様々な人間模様がなんともリアル。未知で不治の病気に対する人々の恐怖、その病気をめぐって垣間見えるエゴなど、現在の状況に照らし合わせるとなんともいえない気持ちになる。「マクロプロスの秘密」は、長寿薬の話。いくら長生きしても、死からは逃れられない。2020/12/03

くさてる

17
カレル・チャペックの二つの戯曲が収録されています。パンデミックを扱った「白い病気」の迫力は認めつつ、私が面白かったのは、「マクロプロㇲの秘密」のほう。百年も続く相続争いに介入するオペラのプリマ歌手。謎めいた魅力を持つ彼女の狙いは何か……というコメディなのですが、そのテーマは真剣なもの。でもそれを軽やかに描いていて楽しめました。2020/12/02

ばんぶー

2
 二つの戯曲、ふたつとも面白いですが、特に「白い病気」は、正体不明の死に至る病のパンデミックを題材にしています。カミュの「ペスト」とも異なり、病気の治療法を発見した医師が、その知識を武器にして社会を変えようとするのですが、読む人は多分、そこで倫理とか、権力とか、政治とは何か?について悩むと思います。そしてその悩みは、現代の日本でも切実な問題として存在していることに気づきます。  この作品が、1937年つまり太平洋戦争の直前に書かれたものなのに、それが今の日本において身につまされて感じます。2020/11/03

げんさん

0
1937年の作品とは思えない。コロナ禍に読むべき2021/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16563429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。