トドマツで、建てる―林業と建築をつなぐ「やわらかな木造オフィス」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ キガイ判/ページ数 133p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784903908663
  • NDC分類 526.3
  • Cコード C0052

出版社内容情報

内容説明
先人が植え、守り育ててきた
貴重な財産を、現代、そして未来へと
どう繋げていくべきか。

北海道を中心に、まもなく良木の大規模な収穫期を迎えるものの、思うように利用が進まない道産針葉樹・トドマツ。このトドマツを建築の主材に用いる大胆な試みが、北海道・下川町を舞台に行われました。
森林とともに生きる未来を選んだ地方の小さな町、新たな木造建築に挑み続ける建築家、事業構造転換を図るため、社有林の新たな活用法を探る製紙会社が出会い、繋がり、一棟の木造オフィスの完成を目指しました。その「未来を先取り」した挑戦を丹念に取材し、一冊にまとめた永久保存版です!

本書は初めてミシマ社が「発売元」となる、一冊です。森林、環境、ビジネス ----すべてをつなぐ鍵がここにあります。

目次情報
chapter.1 トドマツを知っていますか?
chapter.2 トドマツで、建てる
chapter.3 木を生かし、木を活かし、木と生きる
chapter.4 未来に芽吹く種をまく

著者紹介
トドマツ建築プロジェクト[トドマツケンチクプロジェクト] 編
木を新しい素材としてとらえ、木造建築の新しい可能性を探る建築家集団「teamTimberize」、町の面積の9割を森林が占め、持続可能な森林経営の最先端を走る「北海道・下川町」、北海道を中心に広大な社有林を保有する製紙会社の3者が連携し、固定観念にとらわれない木材利用を検討・検証する取り組み。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

内容説明

北海道を中心に、まもなく良木の大規模な収穫期を迎えるトドマツ。トドマツを建築の主材に用いる大胆な試みは、意外にも紙づくりを原点に持つ企業の「社有林」から始まった―。林業、製材業、木に挑む建築家たちがつながり、柔らかな思考としなやかな実行力で、森林資源活用サイクルを未来へ動かす。

目次

1 トドマツを知っていますか?(実は「松」じゃない?;人とトドマツの関係 ほか)
2 トドマツで、建てる(photo 下川町のトドマツオフィス;下川町のトドマツオフィスについて ほか)
3 木を生かし、木を活かし、木と生きる(生業としての森づくり;森林資源の循環型プロセス、「営林」 ほか)
4 未来に芽吹く種をまく(広がる「森林資源の活かしかた」;木質バイオマスの未来都市―下川町‐1 ほか)