透明人間←→再出発

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5変判/ページ数 121枚/高さ 15X21cm
  • 商品コード 9784903908311
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

出版社内容情報

透明人間の眼を持ったなら・・・

世界初の製本方法で実現できた、まったく新しい世界。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pino

171
切ない。あと一滴、水が体にはいったら泣くかもしれない。半透明の紙に書かれた詩。厚紙に焼かれた写真。普通の言葉で綴られた詩と、いつもの風景が切り取られた写真。ページをめくると、それらが交互にあらわれる。変わった造りの本の中の、いつもの言葉と風景。あと一つ、あと一歩。つかもうとして、どこかへ消えてしまったものたち。泣きたいけど、泣けない。笑いたいけど、笑えない。そのうちどこかへ忘れ去られた感情。珍しい装丁が気になり手にした一冊だったが、ここに、あった。あの言葉、あの風景が。それは、ずっと変わらず足元にあった。2013/02/25

Gatsby

15
詩集を片手に、という柄ではないが、この本は本屋さんで目に留まった。あれ?と思って見てみると、やはりミシマ社の本である。詩集と写真集のコラボレーションで、写真は青山裕企氏、詩は谷郁雄氏。ミシマ社創業5周年の特別記念企画で、半透明のシートに詩を、その次のページに写真をという企画。そしてオビがまたいい。うちの嫁ならすぐに取って捨ててしまうのだろうが、オビも特別な凹凸のある紙を使ってある。すごい言葉が並ぶわけではないが、日常のちょっとした悲しみと幸せを表現した詩。青山氏の写真と紙やインクのにおいとの相性も良し。2012/12/24

モッタ

14
★★★★☆ 詩人谷郁雄さんと青山裕企さんの共著。谷さん青山さんのサイン本を購入。そして、イベントで青山さんの英語版サインをもらった。さらに、そのイベント後、ミシマ社のお手伝いをしていたかいもあって、ご飯をご一緒にさせてもらった。青山さんのお話は興趣がつきなかった。将来、ぜひ一緒に仕事したいなー。自分を成長させ、頑張ろう!とモチベーションが一気に上がった。ちなみに、青山さんの主な著書(?)には、吉高由里子の写真集『浮気』、『ソラリーマン』などがある。2011/12/17

May

12
★★★★☆ この本のセンスはすごい。美しい本ってこういうことを言うのかもしれない。青山さんの写真の上にスッと浮かび上がる詩。まるで透明人間が本当にそこにいて、ぽつりぽつりと詩を呟いているよう。手書きの詩はなんだかとても優しくて、自分自身に寄り添ってくれます。じっくりと時間をかけて読みたい、そして大切な誰かにも読んでほしい。そう思える本でした。2019/02/11

にこちゃん

6
詩は押しつけることなく寄り添ってくれるように思う。写真は創造力をかきたててくれるように思う。どちらが欠けても、ここまでの造りにはならなかったはずだ。触れたとたんに、感情があふれた。胸があつくなった。ミシマ社さんは、一つ一つ丁寧に心を込めているからこそ、こういった本がさらに輝くのだとおもった。人間の本質をついた言葉たちであるように思う。2013/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4503503

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。