日本のアルミニウム産業 - アルミニウム製錬業の興隆と衰退

個数:

日本のアルミニウム産業 - アルミニウム製錬業の興隆と衰退

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784903866314
  • NDC分類 565.52
  • Cコード C3060

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

14
#可能歌 電気料高くアルミの新地金生産しない日本だけかも2017/12/24

T-hiro

2
もう少し圧延、押出業界の話もあるかな、と思ったが、思った以上にアルミ製錬に特化した内容だった。内容は副題と帯の文言のままで、日本のアルミ製錬の勃興を記した産業史、経営史で、円高やオイルショック、景気の上がり下がりの影響で、何故最終的に精錬業から撤退したのか、その時に各メーカーや政府がどう動き、代替策としての開発輸入の成否を解説している。各章に小括もあって後で読み返しても解りやすいし、最後のまとめでは、アルミの今後みたいな所を、自動車向けハイテンの台頭、みたいなアルミ以外の全体像も述べながらまとめられており2016/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10559981
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。